イベント

2018年5月18日 (金)

艦船で紐解くルウム会戦!「THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」スタッフトーク付き上映会第2弾レポート

明貴美加さん、宮本 崇さんが制作時の思い出や秘話を語る!

全国35館にて大ヒット劇場上映中の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』では、5月15日(火)に東京・新宿ピカデリーにてスタッフトーク付き上映会第2弾が開催された。

 

トークショーでは「艦船で紐解くルウム会戦」と題して、メカニカルデザインの明貴美加さん、メカニカルレイアウトの宮本 崇さん、サンライズより制作デスク・塚本樹佳さんと設定制作・関口敦彦さんが登壇。制作資料と本編の場面写真を見ながら、制作時の思い出などを語った。

 

 

本作に登場する戦艦については、外観を明貴さんが、内装を宮本さんがデザインしており、その苦労した点について明貴さんは、「安彦総監督から“今風にして、とにかくデザインを変えてくれ”とオーダーがあったんですが、それをどう落とし込むのか、少し苦労しましたね」と当時を懐かしそうに振り返っていた。

また、本作で登場するムサイについても様々な議論がなされたという。明貴さんからは「ザクは一体何機入るのか、ガンプラを使ったりMSの全高から検証したりしました」とあると、塚本さんから「ムサイって、意外と入らないんですよね(笑)」と吐露され、会場からは同意するような笑いが起こった。

 

▲左から関口敦彦さん、明貴美加さん、宮本 崇さん、塚本樹佳さん。

 

続いて宮本さんのお話へ。ドズルの旗艦ワルキューレのブリッジは、カトキハジメさんから「ブリッジは狭く描いてくれ。密度感を出してほしい」とオーダーがあったという。「アニメでは広く描かれることが多いんですが、今回は実際の戦艦ほどではないにしても、リアルな窮屈感を出せるよう頑張りました」とのこと。

シャアの戦艦ファルメルについても「ファーストのファルメルはどこの星雲から来たのだろうかというくらい、“悪い”形をしているので(笑)」(関口)、「安彦さん、カトキさんもこだわっていた特徴的な“目”の部分は残しつつ、パイプなどの配置もなるべく『機動戦士ガンダム』のものに近くなるよう意識しました」(宮本)と、『THE ORIGIN』ならではのリファインについて語った。

 

また、本作の制作には海上自衛隊に協力をしてもらったそうで、横須賀基地へ取材に行ったとのこと。関口さんからは「護衛艦てるづきに乗船させてもらいました。CICに入ることもできて、模擬戦闘もやって頂けて、制作の参考にしました」と制作時の思い出も語られた。

 

この他、スクリーンでは第1原画に宮本さんが手を入れ、そこから背景になるまでが紹介されたほか、「戦艦にあるモニターの比率が16:9なのか4:3なのか、キーボードは作画なのか貼り込みなのか、手すりはどうするのかなど細かい部分が大変でしたね」(宮本)と制作秘話を明かした。また、本編のあるシーンに登場する美術品も宮本さんが作画されたとのことで、「メカニカルレイアウトなのに作画デビューしました」と笑顔で答えていた。

 

最後に、登壇者からの挨拶があり、トークショーは幕を下ろした。

関口敦彦(サンライズ・設定制作)

トークショーの内容を踏まえつつ、もう一度映像を見て、ルウム会戦編をより楽しんでいただければと思います。今回、カトキさんが演出されているシーンはこれまでにないガンダムの映像になっていると思いますので、そこもぜひ楽しんで頂ければと思います。今日はありがとうございました。

 

明貴美加(メカニカルデザイン)

自分も映像を見て驚きましたが、戦艦同士が殴り合いの戦闘をしています。マゼランもムサイも思った以上に頑丈で、凄まじい映像になっています。ぜひ楽しんでください。

 

宮本 崇(メカニカルレイアウト)

繰り広げられる戦闘は緊張感のあるもので、その激しさには恐怖すら感じるほど凄いです。ぜひ楽しんで見ていってください。ありがとうございました。

 

塚本樹佳(サンライズ・制作デスク)

『誕生 赤い彗星』をお届けするまで、準備から初めて5年くらいかかりました。映像となって皆様にお届けできてとても嬉しいです。ぜひ楽しんでいただければと思います。いろんな人の細かい仕事の積み重ねで映像は出来てますので、普段あまり意識しない部分にも注目して見てもらえればと思います。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第6話『誕生 赤い彗星』は、全国35館にて大ヒット上映中。5月22日(火)には「ORIGIN VR制作秘話」をテーマに、VR映像の演出を手掛けた京極尚彦さんとCGプロデューサー・井上喜一郎さんが登壇してスタッフトーク付き上映会の第3弾を開催。5月29日(火)の最終回は「ガンダムプロデューサートーク」として、谷口 理プロデューサーと発表されたばかりの『機動戦士ガンダムNT』より小形尚弘プロデューサーが登場予定。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

 

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?