イベント

2018年06月07日 (木)

シャアからのメッセージにアムロも脱帽!?「ガンダムTHE ORIGIN 誕生 赤い彗星」フィナーレ舞台挨拶レポート

池田秀一さん、古谷 徹さん、潘めぐみさんがシリーズを振り返る!

▲左から潘めぐみさん、池田秀一さん、古谷 徹さん、谷口プロデューサー

 

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』アニメプロジェクトの完結編『誕生 赤い彗星』では、劇場上映最終日の6月1日(金)に東京・新宿ピカデリーにて、フィナーレ舞台挨拶が開催された。

 

舞台挨拶には、シャア・アズナブル役の池田秀一さん、アムロ・レイ役の古谷 徹さん、セイラ・マス役の潘めぐみさん、谷口 理プロデューサーが登壇し、シリーズを振り返り当時の思い出を語った。

まず初めに池田さんが観客に向けて「何回もご覧になっている方も多いそうで、最終日まで来て頂きありがとうございます」とお礼を述べると、古谷さんは本作のスクリーンアベレージが高いことに対し「こんなに嬉しいことはない!」とアムロの台詞でヒットの喜びを表現。序盤から会場は大いに盛り上がった。

また谷口プロデューサーは、本日の舞台挨拶のチケットが15分で売り切れたことに感謝を述べ「3年間お付き合い頂きありがとうございます。こんな最終日を迎えることができ、感動しています」と改めて作品を支えてくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。

 

続いて『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズの歴史を各話毎に振り返り、収録時の感想や舞台挨拶での裏話などがゲストから語られた。

第1話「青い瞳のキャスバル」の初日舞台挨拶では、古谷さんは「僕がいない時に池田さんがどう喋るのかなと思って」こっそり観客として鑑賞していたところ、突然池田さんから声がかかり驚いたそう。池田さんは「舞台挨拶が始まる前にアムロが来ているという情報を仕入れまして、それはぜひ喋ってもらわなきゃ、と。ノーギャラですが、呼びかけたら応えてくれた(笑)」とコメントし、会場には笑いが。

また第2話「哀しみのアルテイシア」では8歳のアムロが登場するが、古谷さん自身は「8歳のアムロの声は無理だと思い、ほかの人に任せるつもりだった」と明かす。しかしその初日の舞台挨拶で安彦総監督から「第2話でアムロも出てきますので、古谷さんお願いします!」と言われ、思わず「任せてください!」と返事をしてしまい、引き受けることになったと語った。

 

第4話「運命の前夜」ではララァ・スンが登場するが、これについて感想を求められた池田さんは、潘さんの母親の潘 恵子さんが以前ララァ役を演じていたこともあり「色々思いましたが…やっぱり若いララァっていいですね」とコメント。潘さんが「家に帰っても、母には報告しないようにします(笑)」と返し、観客の笑いを誘った。

実は谷口プロデューサーは、潘さんには母親の恵子さんと同じララァ役をお願いすべきか悩んでいたことがあったという。しかし、潘さんのオーディションでの演技が素晴らしかったため、潘さんにたくさん出て欲しいという思いから、1番出番の多いセイラ役をお願いしたとのこと。その後、逆にララァをどうするのかと周囲から心配されたそうだ。

 

そして最後の締めの挨拶では、池田さんより「シャアからのメッセージを預かってきている」とシャアからの手紙が朗読され、思わぬサプライズに会場からは割れんばかりの大きな拍手が。これには古谷さんも「完敗しました。アムロが敵わないわけですね」とコメントし、最後には池田さんの掛け声で観客と出演者による「ジーク・ジオン!」の大合唱があり、シリーズ最後の舞台挨拶はフィナーレを迎えた。

 

 

 

谷口 理(プロデューサー)

3年間お付き合いいただき、本当に感謝しています。たくさんの方から続編を期待して頂いていますが、とりあえずお休みさせてください(笑)。力を溜めて、またお会いできる日があればと思っています。

 

潘めぐみ(セイラ・マス役)

遺伝子的にも運命を感じる作品で、40年の時を経て、池田さんと私が兄妹を演じさせてもらえるなんて思いもしませんでした。(池田さんに向かって)「兄さん、守ってくださってありがとうございました」

きっとこれが最後じゃないと思います!また『THE ORIGIN』で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

古谷 徹(アムロ・レイ役)

プロデューサーもとりあえずお休みと仰ったので、ちょっとホッとしまして。やはり、アムロが主役のガンダムが見たい、やりたい、という思いはあります(笑)。皆さんの応援をもちまして、最新のアニメーションの技術で最高のスタッフで作品が作れたこと、8歳、13歳、15歳のアムロを演じられたことも嬉しく思っていますし、アムロとシャアにこういう過去があったから、あの一年戦争に繋がっていくのかと感無量の思いで演じてきました。とりあえず『THE ORIGIN』は最後を迎えますが、思いの外大ヒットだったそうなので、偉い人の気持ちが変わるのではないかと期待しています!(笑)

 

池田秀一(シャア・アズナブル役)

40年余りシャアを演じてきまして、最終的に『THE ORIGIN』という作品に巡り合い、僕も知り得なかったシャアの若き日を演じることができ、とても運命的に感じています。これも皆さんのおかげです。そして今日はシャアからメッセージを預かってきております…

「赤い彗星誕生の物語、最後迄お付き合い頂き感謝する。私は今、宇宙の闇の淵で、君達を静かに見守っている。いつの世も日常は容赦なく時を刻み、目の前に立ちはだかる。……が、賢明な君達の事だ。必ずやそこに何かを見出し、見事に生きのびることを私は期待している。勝利の栄光を君に!! シャア・アズナブル」

 

 

 

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』の通常版Blu-ray & DVDは7月13日(金)に一般発売。法人共通特典として対象店舗にて購入すると、オリジナルクリアファイルがプレゼントされるので、お見逃しなく。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

人気の記事

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2018年06月28日 (木)

2018年02月27日 (火)

2018年02月23日 (金)

2017年09月20日 (水)

2016年05月06日 (金)

最近チェックしたページ