イベント

2019年04月25日 (木)

6つのテーマで「“演出”の概念」の展示に挑戦!展覧会「富野由悠季の世界」6月22日より福岡市美術館にてスタート!

創作物、絵コンテ、原案など1,000点を超える貴重な資料が集結!

 

『機動戦士ガンダム』、『ガンダム Gのレコンギスタ』などの「ガンダム」シリーズの他、『伝説巨神イデオン』、『聖戦士ダンバイン』といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメシーンに多大な影響を与えた富野由悠季監督のこれまでの仕事を回顧、検証する初の展覧会「富野由悠季の世界」が、6月22日(土)より福岡市美術館からスタートする。その後、全国6会場を巡回予定。

 

展覧会の開催に先立ち記者発表が行われ、各美術館の学芸員より本展のコンセプトや見どころの紹介の他、富野監督によるメッセージも語られた。その様子をお届けしよう。

 

 

左:富野由悠季監督
右:神戸新聞社・養父尚三事業局アート事業部長

 

はじめに、神戸新聞社の養父尚三事業局アート事業部長より、

「富野監督のアニメーションと映画にかける情熱と、ここにいる学芸員の熱意によって実現しました。富野監督が生み出した『機動戦士ガンダム』放映40周年にあたる今年、監督の55年に渡るキャリアを振り返る初の大回顧展は貴重な機会であると感じております」

と、展覧会開催の意義が説明された。

 

 

左手前より:青森県立美術館・工藤健志学芸員、福岡市立美術館・山口洋三学芸員、島根県立石見美術館・川西由里学芸員
左奥より:兵庫県立美術館・岡本 弘毅学芸員、兵庫県立美術館・小林 公学芸員、静岡県立美術館・村上 敬学芸員

 

次に、各美術館の学芸員より見どころが語られた。

今回の展覧会は時系列ではなく、テーマ別の章立てがポイント。

フォーマットに則らず、ブース別に各学芸員が構成を担当。各々が異なる切り口で「演出」という概念を展示する事は可能か?という問いに挑戦する試みとなっている。

本展では、監督の幼年期から青年期にかけての創作物、絵コンテ、原案など1,000点を超える貴重な資料が集うほか、各美術館で一部展示内容や見せ方も異なるとのことなので、複数の美術館で見比べてみると新たな発見があるかもしれない。

 

【展示内容】

第1部 宇宙へあこがれて

   1:富野由悠季を形作ったもの

   2:それでも生きていかねばならない

 

第2部 人は変わってゆくのか?

   1:君は生き残ることができるか ― 『機動戦士ガンダム』

   2:コスモスに君と ― 『伝説巨神イデオン』

 

第3部 空と大地の間で逞しく

   1:命をかけて生きてます ― 活劇とエンターテインメント

   2:歴史もの、名作もの、時代もの ― 人間ドラマはジャンルを超えて

 

第4部 魂の安息の地は何処に?

   1:ファンタジー ― バイストン・ウェル・ストーリー

   2:スペースオペラ ― ペンタゴナ・ワールド

 

第5部 刻の涙、流れゆくその先へ

   1:シャアの「逆襲」は成ったか? ― 『ガンダム』のシリーズ化と"ニュータイプ"の結末

   2:家族と戦争

 

第6部 大地への帰還

   1:刻は未来に進むのか? ― 『∀ガンダム』

   2:君の目で確かめろ! ― 『ガンダム Gのレコンギスタ』

 

 

 

最後に、富野監督より本展覧会に込めるメッセージが語られた。

「ありがたい反面、概念を展示する事は出来ないからこういう馬鹿な企画をやめろと言う意見を変えるつもりはありません。

ただ、僕より二回りも若い方々が企画をなさっていて、新しく生まれてくる価値論や、何かがあると想像するわけです。旧来の考え方をふりまわしては絶対いけないと今回しみじみと感じます。

今回の催し物の結果がどうなるか想像がつきませんが、彼らが信じてやっていらっしゃることは分かる。

そういうものを見て、僕はそれを死に土産にさせていただいて、責任は無いということで逃げ切ります(笑)。

 

僕は具体的にリアリズムに働きかける方法論を持っていませんでした。

しかしアニメの世界で生き長らえさせて貰ったのは全部絵空事では無かったんだからと思います。

ロボットアニメであってもメッセージ性・ドラマ性を含むことができるのだと、実験的かもしれませんが自分なりにやってきたので、来て下さる方が読み取って、新しい生き方の方向性を発見していただける展示になっていればと『富野由悠季の世界』は望んでおります」

 

各美術館では開催期間中にイベントも計画中。順次発表されるとのことなので、続報を楽しみに待とう。

 

 

 

 

展覧会「富野由悠季の世界」開催概要

 

【開催情報】

  • 第1会場

福岡市美術館

会期:2019年6月22日(土)~9月1日(日)

  • 第2会場

兵庫県立美術館

会期:2019年10月12日(土)~12月22日(日)

  • 第3会場

島根県立石見美術館

会期:2020年1月11日(土)~3月23日(月)

  • 第4会場

青森県立美術館

会期:2020年4月~6月(予定)

  • 第5会場

富山会場(予定)

会期:2020年7月~9月

  • 第6会場

静岡県立美術館(予定)

会期:2020年9月~11月

 

【公式サイト】

http://www.tomino-exhibition.com

 

【企画協力】

神戸新聞社

▲トップページへ戻る

人気の記事

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年11月18日 (月)

2019年11月06日 (水)

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

最近チェックしたページ