ゲーム・アプリ

2019年02月19日 (火)

PS4/Nintendo Switch「スーパーロボット大戦T」サポーターコマンドなど4システムを紹介!

TACマネージメントやサブオーダーなど!

株式会社バンダイナムコエンターテインメントより、3月20日(水)に発売されるPlayStation®4/Nintendo Switch™「スーパーロボット大戦T」では、サポーターコマンドをはじめとした4つのシステムが本日公開された。

 

 

①システム紹介「サポーターコマンド」

「サポーターコマンド」は、本作の新システムであり、原作でロボットに乗らず、戦闘に参加しないキャラクター(サポーター)が戦闘マップ中で味方部隊に様々な効果をもたらす。

①各ユニットの個別コマンドに「サポーター」という項目が表示され、選択できるようになる。

どのユニットからも「サポーターコマンド」は使用可能で、使用しても行動終了にはならない(行動終了後も使用可能)。

②「サポーター」を選択した後、表示されるリスト。これは味方部隊で共有しており、ここから使用したい「サポーターコマンド」を選択。

「サポーターコマンド」を使用すると「S‐SP(サポーターSP)」というポイントを消費する。これは味方部隊で共有され「S‐SP」はマップ開始時、最大値の半分でスタートし、自軍フェイズ開始時に5上昇する

なお、同名のコマンドは1ターンに1度しか使用出来ない。また、「サポーターコマンド」はシナリオの進行と共に登録されていく。

「ハッキング」は、エド(カウボーイビバップのキャラ)の「サポーターコマンド」であり、1ターンの間、全味方ユニットの照準値を+20します。

③「海よりも深く」は、レイン(『機動武闘伝Gガンダム』のキャラ)の「サポーターコマンド」で、使用したパイロットのSP(精神コマンドの使用に必要なポイント)を40回復します。

④「ぷーぷぷー」はモコナ(魔法騎士レイアースのキャラ)の「サポーターコマンド」で、使用したパイロットのExC(エクストラカウント=ユニットが様々な効果を得るエクストラアクションの使用に必要なパラメータ)が1つ上昇する。

⑤「資金回収」はゴウト、ココナ、バニラの「サポーターコマンド」で、1ターンの間、全ての敵ユニットの撃墜時獲得資金が1.2倍になる。

⑥「資金回収」を使用した後に表示されるエフェクト。

 

 

②システム紹介「TACマネージメント」

インターミッションのメニュー「サイドプラン」の中にある「TACマネージメント」では、TacP(タックポイント=敵機の撃墜などで獲得できるポイント)を支払うことで味方部隊全体が様々な効果を得る。

「TACマネージメント」には0~6段階の「GRADE」があり、初期段階の「GRADE:0」では効果がなく、「GRADE:1」から効果が発揮される。各「GRADE」にはそれぞれ3つの効果があり、その中から一つを選択する。なお、効果決定後の変更は不可。

 

 

①TacPがたまった後、「GRADE:1」で用意されている「TacPアドバンス」、「ダブルアドバンス」、「コストアドバンス」のいずれか1つを選択します。

②「TACマネージメント」画面では、ナビゲーターとしてラミィやメリルなど「スーパーロボット大戦T」のオリジナルキャラクターが登場する。

【GRADE:1の効果紹介】

  • TacPアドバンス

サブオーダー「トレーニング」の参加人数が一人増える。

  • ダブルアドバンス 

サブオーダー「シミュレーター」と「パトロール」の参加人数が、それぞれ一人増える。

  • コストアドバンス 

サブオーダー「資金調達」の参加人数が一人増える。

 

 

【GRADE:2の効果紹介】        

  • SPアライズ

毎ターン味方フェイズ開始時に回復する味方パイロットのSP(精神コマンドの使用に必要なポイント)の量が5から8に上昇。

  • リペアアライズ

毎ターン味方フェイズ開始時、ユニットのHPとENが最大値の10%回復。HP、EN回復系の特殊能力を持つ場合、プラスされる。

  • フォースアライズ

毎ターン味方フェイズ開始時、全味方パイロットの気力が+2される。

 

 

③システム紹介「サブオーダー」

インターミッションのメニュー「サイドプラン」の中にある「サブオーダー」では、パイロットにオーダーを実行させることにより、戦闘マップをプレイすることなく簡単に経験値や資金、撃墜数、TacPを獲得できるシステム。

前作では直前の戦闘マップに出撃したパイロットは「サブオーダー」に参加不可能だったが、本作からはその制限がなくなっている(つまり、どのパイロットも「サブオーダー」に参加可能)。なお、1オーダーにつき最大8名まで参加可能。

【トレーニング】

参加人数×20のTacPを獲得。

【パトロール】

参加した各パイロットが撃墜数2を獲得。

【シミュレーター】

参加した各パイロットが経験値500を獲得。

【資金調達】

参加人数×5000の資金を入手。

今作ではプレイ中に特定の条件を満たすと、より大きな効果を得られる「Special Order(スペシャルオーダー)」が出現する場合がある。これにはパイロット1名のみ参加可能。

【Special Orderの一例】

  • 集中特訓

参加したパイロットが経験値2500を獲得。

  • 撃墜王育成

参加したパイロットが撃墜数10を獲得。

  • 格闘修練

参加したパイロットのパラメータ「格闘」が10上昇。

  • 射撃修練

参加したパイロットのパラメータ「射撃」が10上昇。

 

 

④システム紹介「スキルラーニング」

「スキルラーニング」はインターミッションのメニューの一つであり、TacPを消費してスキルプログラム(パイロットの特殊スキルを生産したり、パラメーター上昇を行う)を生産し、パイロットを強化することが出来る。

「スキル修得」では生産したスキルプログラムによって、一人のパイロットにつき最大30個まで特殊スキルを修得可能。前作では、特殊スキルを得るために予め決められたスキルルート(特殊スキルの開発順番を示すルート)を順次解放していく必要があったが、本作ではTacPがあれば一部を除いて好きなスキルプログラムから生産することが可能。

©CLAMP・ST/講談社・TMS

©サンライズ

©ジーベック/1998 NADESICO製作委員会

©創通・サンライズ

© 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画

©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

©BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX

©松本零士・東急エージェンシー

©1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会

© 2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ

 

 


スーパーロボット大戦T

対応機種:PlayStation®4/Nintendo Switch™

ジャンル:シミュレーションRPG

発売日:2019年3月20日(水)発売予定

プレイ人数:1人

CERO:C

希望小売価格:

【通常版】PlayStation®4版 8,600円(税抜) / Nintendo Switch™版 8,600円(税抜)

【期間限定版】PlayStation®4版 12,600円(税抜) / Nintendo Switch™版 12,600円(税抜)

※両ハードともダウンロード版同価格

 

 

 

関連記事

人気の記事

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年11月06日 (水)

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

2019年02月04日 (月)

最近チェックしたページ