話題・キャンペーン

2018年11月21日 (水)

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」始動!5作品の展開決定&LUNA SEAによるテーマ曲発表!

4種類のプロジェクトキービジュアルも公開!

『機動戦士ガンダム』がTVシリーズ放送開始から2019年に40周年を迎えることを記念し、バンダイナムコホールディングス、創通、サンライズは、2019年から2020年にかけて「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」を始動することが、本日11月21日(水)に発表された。 

 

今回のプロジェクトでは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVシリーズ、『ガンダムビルドシリーズ』新作、『SDガンダムワールド 三国創傑伝』、『劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ』、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の5作品を中心に展開し、さらに、SUGIZOさんがプロデュースし、来年30周年を迎えるLUNA SEAとして発表される「40周年プロジェクトテーマ曲」や、記念イベントの開催など、多くのファンがさまざまな形でガンダムの世界観を楽しむことができる機会が設けられる。また、多彩な商品やサービスも展開予定となっている。 

 

 

プロジェクトのコンセプトは「BEYOND(ビヨンド)」!

本プロジェクトのコンセプトは「BEYOND(ビヨンド)」で、「すべてのものを超えていく」という意味。

40年間にわたり展開し続けてきた「ガンダムシリーズ」は、作品数も増え、ファンの世代や国、嗜好も多様化してきた。ガンダム個々の作品の枠を超え、国境を越え、世代を越えて、幅広い人々にアプローチしてきたいという思いが込められている。

また、プロジェクトロゴは、「未知のガンダムに出会い、その出会いがまた新たなつながりを生んでメビウスになる」というイメージを表現。同時に「ガンダムシリーズ」には印象的な情景である“地球から覗く太陽の光”がモチーフにされている。

4種のキービジュアル公開!

今回公開されたキービジュアルは、4種類で、『機動戦士ガンダム』と『機動戦士ガンダムUC』、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』と『機動戦士ガンダム00』、『新機動戦記ガンダムW』と『機動戦士Ζガンダム』、『ガンダム Gのレコンギスタ』と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のそれぞれがコラボレーションしている。プロジェクトコンセプト「BEYOND」に基づき、作品の枠を超えた様々なキャラクターが共存する可能性の世界が描かれている。

2019年から2020年にかけて5作品を展開!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVシリーズ

本作は、1979年放送の『機動戦士ガンダム』の登場キャラクター“シャア・アズナブル”が「赤い彗星」として登場するまでを描いた作品。

2014年から2018年にかけて、全6話の劇場イベント上映という形で展開された映像を、13本のTVシリーズに再編集し、2019年4月よりNHK地上波にて放送予定。また、今回のシリーズ化にあたり、40周年プロジェクトテーマ曲を手掛るSUGIZOさんによる全OP・ED楽曲のプロデュースが決定。ガンダムの未来を示唆する書き下ろし新曲をはじめ、かつてのガンダムの名曲を様々なフィーチャリング・アーティストとのコラボレーションによりカバーするほか、全てのOP曲はLUNA SEAが担当する。

 

【公開概要】

2019年4月よりNHK地上波にて全国放送開始予定

『ガンダムビルドシリーズ』新作

『ガンダムビルドシリーズ』は、「ガンダムのプラモデルが動くアニメ」として、『ガンダムビルドファイターズ』(2013年・TV放送)より展開がスタート。

2018年4月から9月までTV放送された『ガンダムビルドダイバーズ』に続く最新作が企画進行中となっている。詳細は、決定次第公式サイトにて発表されるとのことなので、続報をお楽しみに。

 

 

『SDガンダムワールド 三国創傑伝(さんごくそうけつでん)』

2018年に30周年を迎えた「SDガンダム」は、主に漫画やカード、プラモデルを中心に、子供たちが熱狂したシリーズ。今回、新たに世界中の子供たちへ向けて、新作を展開することが決定した。

『劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ』 

2014年に放送された『ガンダム Gのレコンギスタ』に新作カットを大幅に追加し、映像を再編集。2019年の展開を予定。また富野由悠季総監督は、フランス・パリで開催される「JAPAN EXPO」に登壇することも決定している。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』

1989年に出版された富野由悠季書き下ろしによる同名小説を元に、劇場版3部作として新作される。

『機動戦士ガンダム』の流れを汲む宇宙世紀を舞台とし、今年4月に発表された宇宙世紀の新たな百年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトの第2弾となる作品。

11月30日(金)より全国ロードショーされる同プロジェクトの第1弾『機動戦士ガンダムNT』にて、予告トレーラーが公開される。

「UC NexT 0100」とは……U.C.0093、シャア・アズナブルとアムロ・レイの因縁に決着が付けられた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をひとつのターニングポイントとして、宇宙世紀 “次の100年”を魅力的に描くためにサンライズが中心となって立ち上げられた一大プロジェクトです。

<第1弾作品『機動戦士ガンダムNT』11月30日(金)全国ロードショー>

プロジェクトテーマ曲は「THE BEYOND」!

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」のテーマ曲を、LUNA SEA/X JAPANのメンバーであるSUGIZOさんがプロデュース。本人もガンダムファンであり、常に世界へメッセージを発信するその活動スタイルとガンダムの目指す世界展開への歩みには共感することも多いことから、本格的にタッグを組むこととなった。

今回、完成前の特別披露となったテーマ曲は、コンセプトとキービジュアル同様、壮大な世界観、未来へ託す希望、重厚さや光の予兆を感じさせられる強く美しい楽曲となる。本プロジェクトにて今後、完成したこのテーマ曲を聴ける機会もあるとのことなので、ぜひとも期待しよう。

 

■SUGIZO

1992年5月、LUNA SEA のコンポーザー、作曲家、ギタリスト、ヴァイオリニストとしてデビュー。

1997年にソロアーティストとして活動を始め、昨年ソロデビュー20周年を迎えた。

2009年5月、X JAPANに加入。

ソロワークではテクノ、ダンスミュージックを独自のロック的解釈で消化した唯一無二の「SUGIZO MUSIC」の他、映画音楽、コンテンポラリー・ダンス、舞台音楽にまで領域を広げ積極的活動中。音楽と平行しながら平和、環境、人権活動を続ける、アクティヴィストとしての動きをも展開している。現在、日本を代表するロックバンドLUNA SEA、そしてX JAPANのメンバーとして、世界規模で活動中。

 

ガンダムシリーズ初!『機動戦士ガンダム00』舞台化決定!

本プロジェクトの一環として、ガンダムシリーズでは初となる『機動戦士ガンダム00』の舞台化が決定。コンセプト「BEYOND」のもと、ガンダムは次なる表現方法にチャレンジする。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

 

■公演概要

公演名称:舞台 機動戦士ガンダム00 破壊による再生- Re:Build

 

― 東京会場 ―

【開催期間】2019年2月15日(金)~ 2月18日(月)

【開催場所】日本青年館ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)

― 大阪会場 ―

【開催期間】2019年2月23日(土)~ 2月24日(日)

【開催場所】森ノ宮ピロティホール(大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5)

音楽イベントも多数開催予定!

2019年夏に「機動戦士ガンダム フィルムコンサート」が実施されることが決定。また、2019年秋頃には、これまでのガンダムの楽曲を集めた音楽イベントの開催も予定されている。

この他、イベントや配信施策など様々なコンテンツも予定されているとのこと。

 

 

今回発表された内容の詳細や、今後の最新情報は 「ガンダム40周年プロジェクト」公式サイトをご覧ください。

 

 

人気の記事

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2018年06月28日 (木)

2018年02月27日 (火)

2018年02月23日 (金)

2017年09月20日 (水)

2016年05月06日 (金)

最近チェックしたページ