書籍・コミック

2020年1月7日 (火)

「フルアーマー・ユニコーンガンダム」が登場!「ガンダム・MS・バイブル」第34号、本日発売!

マガジン後半では「パーツ流用と共通化」などについてピックアップ!

ガンダム・モビルスーツ・バイブル

第34号

2020年1月7日(火)発売

定価:639円(税抜)

 

第34号では、決戦に備えて考案された「フルアーマー・ユニコーンガンダム」を特集します。政治的に孤立したネェル・アーガマが独自に考案し、調達可能な装備を用いて火力の強化が図られた機体です。

 

今号のピンナップ原画を担当してくださったのは『機動戦士ガンダムUC』のメカ作画監督である仲 盛文さん。今回は特別に、サイコフレームが青緑色に発光した状態でのフルアーマー・ユニコーンガンダムを描いていただきました。

MS機体解析では、ユニコーンガンダムの“変身”と共存するフルアーマー仕様の効率的な設計とその機能などを解説しています。

また、マガジン後半のメカニック・ジャーナルでは「パーツ流用と共通化」などについてピックアップ。

ジオン公国軍で多用されたパーツ流用機や、一年戦争開戦後に実現したMSのパーツ共用化などが解説されています。。

さらにマガジン内容を知りたい方、「ガンダムシリーズ」のトピックを知りたい方には、編集担当によるツイッター「ガンダム・モビルスーツ・バイブル(GMB)通信」(@SNRI8741)を開設中。こちらもチェックしてみてください。

 

「ガンダム・モビルスーツ・バイブル」第34号は本日1月7日(火)発売!「ラプラスの箱」を巡る混乱に終止符を打つべく、<メガラニカ>での最終決戦に臨もうとする「フルアーマー・ユニコーンガンダム」が目印です!


 

関連記事

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?