アニメ・映像・音楽

2019年02月15日 (金)

2/15より公演開始!「舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』」初日挨拶レポート

ガンダムマイスター4人をはじめ豪華キャストが登壇!

本日2月15日(金)より上演がスタートした「舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』」の初日挨拶と公開ゲネプロが日本青年館ホールにて実施された。

 

初日挨拶には、刹那・F・セイエイ役の橋本祥平さんとロックオン・ストラトス役の伊万里 有さん、アレルヤ・ハプティズム役の鮎川太陽さん、ティエリア・アーデ役の永田聖一朗さん、リボンズ・アルマーク役の赤澤 燈さん、グラハム・エーカー役の前山剛久さん、アリー・アル・サーシェス役の窪寺 昭さんが登場。

役の感想や舞台での意気込みなどが語られたほか、公開ゲネプロでの写真も到着したので、本記事にて紹介していこう。

 

 

ガンダムマイスター4人をはじめとした豪華キャストが登壇!

まず始めに役の感想と舞台での意気込みについて

 

  • 橋本祥平さん(刹那・F・セイエイ役)

「刹那は、人との接し方に慣れていなくて、いろいろ起こる事件や武力介入、人の死をきっかけに成長し、ソレスタルビーイングの中心人物になっていきます。舞台化には、最初は“まさか”という気持ちでしたが、表現の幅が広がったことが嬉しく、演劇の可能性を強く感じられる作品となっております。間違いなく稽古期間は、僕らが『00』のことを一番考えて、熱く語って、立ち向かって戦い続けてきたので、努力の結晶をみなさんにお届けしたいと思います。僕らはプレッシャーを与え続けますので、皆さん覚悟して見て下さい」

 

  • 伊万里 有さん(ロックオン・ストラトス役)

「ロックオンはいつも明るくて、マイスターの中ではお兄ちゃん的存在なのですが、“テロリスト”によって両親を殺された悲しい過去があります。稽古が終わったあと、“テロリスト”ってなんだろうと悩んで考えさせられ、自分が成長できた役どころになったと思います。また、アンサンブルキャスト達によって支えられている作品ですので、彼らのこともしっかり見ていただけたらと思います」

 

  • 鮎川太陽さん(アレルヤ・ハプティズム役)

「ガンダムの“舞台化”という、新しいものにチャレンジするのは大変難しいと思います。でも、そこに皆さんの期待があり、その期待に答えられるように一生懸命稽古してきました。落ち着いて、自分たちのやってきたことをしっかり届けられたらと思います。アレルヤは、二面性を持ったキャラクターですが、良い所を演出で補正してくださったので面白くなっていると思います。なのでぜひ楽しみにしていただけたら嬉しいです」

 

  • 永田聖一朗さん(ティエリア・アーデ役)

「ティエリアは、クールでプライドが高く、完ぺき主義ですが、実は子どもだなと思う部分があります。何かに依存していないと怖いという気持ち、精神的に未熟な部分が、自分と共通しているなと思いました。舞台上でティエリアの成長を等身大で演じられるよう努めてまいりますので、ぜひ注目していただけたら嬉しいです」

 

  • 赤澤 燈さん(リボンズ・アルマーク役)

「原作のキャラクターがもつ“信念”は同じですが、今回はちょっと新しいリボンズ・アルマークが見えるんじゃないかなと思います。“ガンダム”という強い4文字に、立ち向かえるのは“演劇”っていう4文字しかないなと。楽しみにしていてください」

 

  • 前山剛久さん(グラハム・エーカー役)

「グラハムにはシンパシーを感じておりまして、“愛”について語りますが、僕自身も“愛”をモットーにしております。作品を見てくれる人、共演者、アンサブルキャストに対して“愛”がなければ無理なこと。『ガンダム00』が“愛されている”から舞台にしようとなったはず。その“愛”に感謝して、臨みたいと思っています。作品と人間の関係性を大事に“愛”を掲げて頑張りたいです」

 

  • 窪寺 昭さん(アリー・アル・サーシェス役)

「サーシェスという役は、ガンダムシリーズ史上類を見ないほどの残忍な人間だと思います。残忍なキャラクターを演じることがあまりないので、楽しみです。今回は、“人間ドラマ”がフィーチャーされています。支えてくれているアンサブルキャストも重要な役割を担っております。一丸となってやっているこの舞台を見届けていただけたらと思います」

 

次に、記者からの質問コーナーでは、「衣装の動きやすさや通気性はどうですか?」と聞かれると、橋本さんが「通気性はとてもいいです」と答えると、窪寺さんから「暑いところでは暑く、寒いところでは寒いです」とコメントし会場からは笑い声が上がる。

さらに、演じている役の見どころについて聞かれると、橋本さんは「マイスター4人の人間ドラマに注目してもらいたい」と熱く語った。

 

初日挨拶の最後は、キャスト全員による「俺が、俺達が、ガンダムだ!」の一言で締めくくられた。

公開ゲネプロ写真も到着!

ライブビューイングチケット好評発売中!

【開催日時】

2019年2月24日(日)16:30開演

 

【内容】

大阪・森ノ宮ピロティホール 千秋楽公演

 

【上映場所】

全国30ヶ所の映画館

※詳細は受付画面にてご確認ください。

 

【料金】

全席指定 3,600円(税込)

 

【受付URL】

 

【店頭販売】

  • ローソン・ミニストップ店頭 Loppi(Lコード 93075)

 

上映会場やチケット詳細は、ローソンチケットをご覧ください。

※各劇場、規定枚数に達し次第終了となります。

 

 

 

Blu-ray&DVD 7月26日発売!

舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』

発売日:2019年7月26日(金)

 

<Blu-ray>

価格:8,800円(税抜)

品番:BCXE-1443

スペック:カラー / (予) / 260分 / (本編ディスク:約140分+特典ディスク:約120分)

本編ディスク:リニアPCM(ステレオ)/ AVC / BD50G / 16:9<1080i High Definition>

特典ディスク:リニアPCM(ステレオ) / AVC / BD50G / 16:9<1080i High Definition>

 

<DVD>

価格:7,800円(税抜)

品番:BCBE-4950

スペック:カラー / (予) / 260分 / (本編ディスク:約140分+特典ディスク:約120分)

本編ディスク:ドルビーデジタル(ステレオ) / 片面2層 / 16:9(スクイーズ)/ ビスタサイズ

特典ディスク:ドルビーデジタル(ステレオ) / 片面2層 / 16:9(スクイーズ)/ ビスタサイズ

 

― 共通特典 ―

  • 封入特典

・特典ディスク(メイキング映像)

・ブックレット(16P予定)

  • 映像特典

・PV&CM

 

★公演会場とバンダイビジュアルクラブ(BVC)では予約特典として「撮り下ろしスペシャルブロマイド5枚セット(L判)」をプレゼント!

★対象店舗では「撮り下ろしL判ブロマイド4枚セット」を先着でプレゼント!

詳細は「バンダイビジュアル公式サイト」をご覧ください。

 

 

舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」公演概要

【公演日程・会場】

  • 東京公演

2019年2月15日(金)~18日(月)

日本青年館ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)

 

  • 大阪公演

2019年2月23日(土)~24日(日)

森ノ宮ピロティホール(大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5)

 

【脚本・演出】

松崎史也

 

【監修】

水島精二

 

【キャスト】

  • 刹那・F・セイエイ:橋本祥平
  • ロックオン・ストラトス:伊万里 有
  • アレルヤ・ハプティズム:鮎川太陽
  • ティエリア・アーデ:永田聖一朗

  • グラハム・エーカー:前山剛久
  • ビリー・カタギリ:一内 侑
  • スメラギ・李・ノリエガ:立道梨緒奈
  • フェルト・グレイス:松村芽久未
  • ラッセ・アイオン:澤田拓郎
  • リヒテンダール・ツエーリ:阿瀬川健太
  • クリスティナ・シエラ:小林未往
  • セルゲイ・スミルノフ:加藤靖久
  • ソーマ・ピーリス:希代 彩
  • カティ・マネキン:平湯樹里
  • パトリック・コーラサワー:瀬戸祐介
  • アリー・アル・サーシェス:窪寺 昭

 

  • リボンズ・アルマーク:赤澤 燈
  • ヨハン・トリニティ:坂垣怜次
  • ミハエル・トリニティ:船木政秀
  • ネーナ・トリニティ:伊藤優衣

 

【原作】『機動戦士ガンダム00』(『機動戦士ガンダム』シリーズより)

【企画】サンライズ

【主催】ガンダムライブエンタテインメント実行委員会

 

最新情報は、舞台『機動戦士ガンダム00』公式サイトをご確認ください。

 

 

 

▲トップページへ戻る

人気の記事

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年02月04日 (月)

2018年06月28日 (木)

2018年02月27日 (火)

2018年02月23日 (金)

2017年09月20日 (水)

最近チェックしたページ