イベント

2018年07月05日 (木)

マンガやアニメで描かれる都市〈東京〉の企画展「MANGA⇔TOKYO」仏・パリで11月29日より開催!

日仏友好160年記念「ジャポニスム2018」の公式企画として開催!

イラストレーション:吉成曜 / グラフィックデザイン:草野剛
©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net / ©カラー / ©武内直子・PNP・東映アニメーション / ©秋本治・アトリエびーだま/集英社 / ©創通・サンライズ / ©TOHO CO., LTD.

 

 

国立新美術館と国際交流基金による展覧会「MANGA⇔TOKYO」が、11月29日(木)から12月30日(日)にかけて、フランス・パリのラ・ヴィレットにて開催されることが発表された。

 

同展は、2015年に国立新美術館で開催された「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」に続く第2弾であり、日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として開催されるもの。

日本のマンガやアニメ、ゲーム、特撮作品の中で描かれる都市〈東京〉を、多数の原画や模型、映像などでたどりながら、人々の記憶の中で重ね合わされた〈東京〉を、約90点のコンテンツとともに展示予定。

 

 

 

「MANGA⇔TOKYO」開催概要

日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品は、都市〈東京〉の特徴や変化を、鏡のように映しだしてきました。本展は、そのさまざまな描写を、多数の原画や模型、映像などでたどります。現実の都市の特徴がいかにフィクションに影響を与え、方向付けてきたのか。またそれらフィクションやそのキャラクターが、現実の都市にいかなるイメージを重層的に付与し、作用をおよぼしてきたのか。本展は、日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮の展示であると同時に、そこに映し出され、さらには人々の記憶の中で重ね合わされた、〈東京〉を展示します。「聖地巡礼」など、アニメやゲームが観光資源として注目される中、その意味や可能性に光を当てます。

 

【出品作品】

順次、展覧会ウェブサイトなどで公開いたします。

 

【展覧会の構成】

巨大東京都市模型

破壊と復興の反復

東京の日常(江戸から現代まで)

キャラクターvs.都市

【期間】

2018年11月29日(木)~ 12月30日(日)

 

【会場】

ラ・ヴィレット(フランス・パリ)

 

【主催】

国際交流基金、国立新美術館、文化庁、マンガ・アニメ展示促進機構、ラ・ヴィレット

 

【監修】

森川嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授)

 

【企画】

国立新美術館

 

【観覧料】

有料

 

【お問い合わせ】

03-5777-8600(ハローダイヤル)

 

人気の記事

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2018年06月28日 (木)

2018年02月27日 (火)

2018年02月23日 (金)

2017年09月20日 (水)

2016年05月06日 (金)

最近チェックしたページ