イベント

2019年05月20日 (月)

4つのテーマで70以上の原画を展示!「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」レポート

トークショーやサイン会のほか、グッズや複製原画なども販売!

イラストレーター・開田裕治さんの画業40周年を記念した展覧会「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」が、東京・池袋パルコミュージアムにて好評開催中だ。会期は6月3日(月)まで。入場料は、一般500円(ノベルティ付)、学生400円(ノベルティ付)、小学生以下無料。

 

本展では、ガンプラの箱絵をその黎明期から描き続けてきた開田さんならではの魅力を最大限に表現。『機動戦士ガンダム』から『新機動戦記ガンダムW』までのアナログ原画のほか、『∀ガンダム』までのデジタル原画も登場し、迫力の展示が会場を埋めつくす。作品はいずれも、工業製品であり兵器でもあるガンダム特有のメカの魅力を表現しており、戦争状況で活躍するドラマ性をもって描かれている。

 

本記事では、5月17日(金)に実施された内覧会の様子を写真でレポートしていこう。

会場では、開田さん自ら選んだ70以上の原画を4つのテーマで展示。

開田さん初のガンプラ箱絵作品「アッガイ」はもちろん、処女作「グワジン」をはじめとする初公開作品も多数登場。

商品となった箱絵と原画を見比べられる展示のほか、ガンプラボックスが積み上げられる壮観なタワー、デジタル作品の描かれる過程がわかる「Making of Hi-ν GUNDAM」など、開田さんのアートワークを存分に体験できる空間となっている。

 

  1. 「GUNDAM」 『機動戦士ガンダム』から『新機動戦記ガンダムW』までのガンプラ箱絵の原画展示
  2. 「Mobile Suit」 ガンプラ箱絵のモビルスーツシリーズの原画展示
  3. 「武者頑駄無」 SDガンダムBB戦士シリーズのガンプラ箱絵モビルスーツシリーズの原画展示
  4. 「Digital」 プラモデルの箱絵以外の作品を中心に、最新カラー商品化作品を展示

 

また、会場ではトークショーやサイン会も実施。さらに、展覧会の開催を記念したグッズや複製原画なども販売され、3,000円以上購入すると、メインビジュアルを使用した「A2ポスター」がプレゼントされる。この機会にぜひとも足を運んでみよう。

詳細は、パルコアート公式サイトをご覧ください。

 

 

 


開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー

【会期】

2019年5月17日(金)~6月3日(月) 11:00~21:00

※最終日は18:00閉場。

※入場は閉場の30分前まで。

 

【入場料】

一般:500円(ノベルティ付)、学生:400円(ノベルティ付)、小学生以下無料

<PARCOカード・クラスS>会員は入場無料、<PARCOカード>会員は入場料半額

※ご本人に限ります。他割引サービスとの併用不可。

 

【会場】

PARCO MUSEUM(池袋PARCO 本館7F)

(東京都豊島区南池袋1-28-2)

 

 

 

関連記事

▲トップページへ戻る

人気の記事

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

2019年02月04日 (月)

2018年06月28日 (木)

2018年02月27日 (火)

最近チェックしたページ