イベント

2019年8月20日 (火)

富野総監督、福田己津央、水島精二が登壇!「劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート」レポート

サプライズゲストには森口博子と市川紗椰が登場!

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として「劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート」が、8月16日(金)・17日(土)に東京オペラシティで開催された。

 

本イベントは、劇場版『機動戦士ガンダム』のセリフや効果音はそのままに、劇中で流れる音楽パートを上映にあわせてフルオーケストラが生演奏する、新感覚の複合型エンタテインメント・コンサート。

トークショーには、劇場版『機動戦士ガンダム』の富野由悠季総監督をはじめ、『機動戦士ガンダムSEED』の監督である福田己津央さん、『機動戦士ガンダム00』の監督である水島精二さんのほか、サプライズゲストの森口博子さんと市川紗椰さん、編曲・指揮を務めた服部隆之さんが登壇。豪華な顔ぶれが揃ったトークショーの模様を早速レポートしていこう。

 

 

8月16日(金)は富野総監督&森口博子さんが登壇!

初日の8月16日(金)のトークショーには、富野由悠季総監督とサプライズゲストの森口博子さんが登場。

 

富野監督は、40年前のフィルムが大画面で上映されたことに「僕の立場だとたまったもんじゃない」と恥じ入りつつも、40年という歳月を経てこういったイベントを開催できることに驚いていると語った。

また、「皆がいてくれたからこそアニメの映画化が当たり前になり、その潮流を皆がリードしてくれた」と、満員の会場に向けて感謝が述べられた。

 

森口さんも、今月7日(水)に発売された40周年記念カバーアルバム「GUNDAM SONG COVERS」が、オリコン週間ランキングで3位となったことにより、女性アーティストのベスト10入りインターバルで歴代1位を記録したと明かし、自身が歌う楽曲を含むガンダムシリーズの主題歌が、長く愛されていることに深く感謝した。

8月17日(土)は福田己津央さん、水島精二さんらが登壇!

8月17日(土)のトークショーは、『機動戦士ガンダムSEED』の監督である福田己津央さん、『機動戦士ガンダム00』の監督である水島精二さんのほか、サプライズゲストの市川紗椰さん、編曲・指揮を務めた服部隆之さんも登壇。

 

福田さんは、演奏の感想を問われ、「(当時と)同じ曲のようで微妙に違っておりますが、なんの違和感もなく当時21歳だった自分を思い出しました」と答え、「『II 哀・戦士』『III めぐりあい宇宙』もぜひ見たいです」と熱望。

水島さんは、演奏の迫力が素晴らしいと訴えたうえで、「自分の作品でもやってほしい」と悔しさをにじませたほか、『ガンダム』があったから自身がアニメ監督を務められていることに感無量だと明かし、「こういう機会があったらまた足を運びたいです」と言葉を連ねた。

 

市川さんは、「いかに『機動戦士ガンダム』の世界観と音楽が、自分の体の中に組み込まれているのか、というのを実感しました」と興奮冷めやらぬ様子で、「映像・演奏・会場が、時を越えて1つに繋がっている感覚がたまらなく良かったです」と笑みを浮かべた。

 

服部さんは、編曲のポイントを問われると、当時と現在との”シンセサイザー”の使われ方の違いに苦労したものの、劇中でのBGMの使い方の魅力を語りながら、「原曲を忠実に再現し、蛇足にならないように編曲しました」と回答。また、指揮については、モニターやリズムマシンを使用していることを説明し、「テンポの速い曲は、気持ちが乗ってくると自然に演奏も速くなってしまうから、リズムをキープするのはすごい難しかった」と語った。

会場では特別展示「THE MEMORY OF GUNDAM」を実施!

本イベント限定で「THE MEMORY OF GUNDAM」と称した展示場が特別開催された。

劇場版『機動戦士ガンダム』の原画などの展示はもちろん、1981年当時のチラシや制作風景の写真など、劇場版『機動戦士ガンダム』の公開当時を彷彿させるような展示内容となった。

▼「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」公式サイト

関連記事

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?