イベント

2019年04月07日 (日)

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」本格的に始動!シネマ・コンサートなどイベント多数開催決定!

ガンダム史上初の取り組み!お見逃しなく!

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」では、「劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート」と、ライブイベント「GUNDAM 40th FES."LIVE-BEYOND"」、最新の上映システムを使用した上映イベント「GUNDAM "BEYOND the Cinema EXPERIENCE" TOUR」の開催が決定した。

 

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」は“BEYOND”をコンセプトに展開されており、今回の発表を皮切りに、本格的に始動する。

各イベントは映像の枠を超え、トップクリエーターやアーティストと共に作り上げられる。ガンダムファンには見逃せないイベントばかりとなっているので、紹介していこう。

 

 

「シネマ・コンサート」8月16日・17日に開催!

ガンダムシリーズ初の生オーケストラによる演奏で上映される「劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート」が、8月16日(金)から17日(土)の2日間、東京オペラシティにて開催される。

「シネマ・コンサート」は、劇場版『機動戦士ガンダム』のセリフや効果音はそのままに、劇中で流れる音楽パートを上映にあわせてフルオーケストラが生演奏する、新感覚の複合型エンタテインメント・コンサート。映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・登場キャラクターをより鮮明に感じることができる。

指揮は、『機動戦士ガンダム』の既存劇伴のアレンジに加え、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の音楽を手掛けた服部隆之氏が担当。日本のオーケストラとして最古の歴史をもつ「東京フィルハーモニー交響楽団」による、迫力ある生演奏が披露される。

シネマ・コンサートスタイルで届けられる感動体験を、ぜひこの機会に堪能しよう!

 

 

劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート

【開催日程】

2019年8月16日(金)・17日(土)

 

【開催場所】

東京オペラシティ

(東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー)

 

【編曲・指揮】服部隆之氏

作曲家、編曲家。1965年11月21日生まれ、東京都出身。1983年に渡仏、パリ国立高等音楽院に入学し、1988年に同院修了、帰国後は音楽家としての活動を開始する。

クラシックやポップスなどの幅広いジャンルのアーティストのアルバムやコンサートなどの編曲等も精力的に手掛ける。 作曲家として関わった作品として、テレビドラマでは『陸王』『下町ロケット』『半沢直樹』『HERO』『王様のレストラン』、NHK大河ドラマ『真田丸』『新選組!』。映画では『七つの会議』『ラヂオの時間』『誘拐』など。

2015年より展開した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではガンダムシリーズの音楽に初めて参加し、本作独自の劇伴だけでなく、ガンダムシリーズ第1作目『機動戦士ガンダム』の既存劇伴のアレンジも手掛け、ガンダム世界に新たな息吹を吹き込んだ。

【奏者】東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立、日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せ持つ。定期演奏会などの自主公演、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK 他での放送演奏、教育プログラムなどのほか、海外公演でも高い評価を得る。(2019年1月現在)

 

 

ライブイベント「LIVE-BEYOND」9月7日・8日開催!

ライブイベント「GUNDAM 40th FES."LIVE-BEYOND"」が、9月7日(土)から8日(日)の2日間、千葉・幕張メッセにて開催される。

「LIVE-BEYOND」は、世代や作品、ジャンルを越えてガンダムと音楽を愛する全ての人にお届けする、40周年ならではのガンダム的オールタイムベストライブとなっている。数々の名曲が刻を越えて繋がる瞬間を、お見逃しなく!

 

GUNDAM 40th FES."LIVE-BEYOND"

【開催日程】

2019年9月7日(土)・8日(日)

 

【開催場所】

幕張メッセイベントホール

(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

 

 

 

新体験の上映イベント「ガンダム映像新体験TOUR」!

「ガンダム映像新体験TOUR」では、昨今注目を集める最新の上映システムを使用し、既定概念に捉われない様々な形式で、これまでの『機動戦士ガンダム』劇場作品を中心に全国の劇場で上映。

通常の上映形式では得ることのできない「アトラクション体感」「鮮明な映像と立体音響」「最大限に引き立つ臨場感」と、特殊効果と音響・映像技術によってこれまでと一味違った楽しみ方でガンダム作品を「初体験」できる。これまでにない新たな魅力を体験してみよう!

 

ガンダム映像新体験TOUR

[GUNDAM "BEYOND the Cinema EXPERIENCE" TOUR]

「ガンダム映像新体験TOUR」では、イオンシネマの独自規格の新時代シアター「ULTIRA(ウルティラ)」、体感型アトラクションシアター「4DX」、究極のシアターデザイン「ドルビーシネマ スクリーン」を体験することができる。

イオンシネマの独自規格の新時代シアター「ULTIRA」

天井まで迫り、左右いっぱいに広がる特別仕様の専用シルバー・スクリーンを採用した明るく鮮明な大画面と、最先端のスピーカーやアンプから生み出されるクリアサウンドがどの座席でもセリフや効果音を聞き取りやすく包み込む。まるで映画の中に入り込んだような没入感で最上級の映像体験が展開される。

シーンに合わせて動く座席や、風、水が吹きつける、体感型アトラクションシアター「4DX」

「4DX」とは、CJ4DPLEX社が開発した、<映画を観る>から<体感する>へと転換させる体感型アトラクション・シアターです。

その特徴は、映画のシーンと連動して、前後&上下左右に動くモーション・シート(座席)です。さらに、シアター全体では、シーンに合わせて"雨"が降り、"水"や"風"が吹きつけ、"フラッシュ"等の合計20種類の特殊効果が、次々と発生しまるで自分が映画の主人公となったような感覚を味わわせてくれます。

究極のシアターデザイン「ドルビーシネマ スクリーン」

可能な限り無駄を排し、エントランスからインテリアや座席に至るまですべてが映画だけに集中するために最適化された「ドルビーシネマ  スクリーン」。エントランスを通ってシートに身を沈めた瞬間からガンダムの世界観に入り込んでしまったかのような究極の没入感を体験せよ。

 

※各イベントの詳細情報については、後日発表してまいります。

 

このほか「ガンダム40周年プロジェクト」では、様々な映像作品やコラボレーションが展開される。最新情報は、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」公式サイトをご覧ください。

 

 

なお、本日、「舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』」の配信も決定したので、こちらもあわせてチェックしておこう。詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

 

関連記事

▲トップページへ戻る

人気の記事

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

2019年02月04日 (月)

2018年06月28日 (木)

最近チェックしたページ