イベント

2019年09月17日 (火)

動く座席「モーション・シート」との相性を絶賛!4DX上映『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』舞台挨拶レポート

MSデザインの出渕 裕氏が語る富野監督の思い出とは

 

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を4DX上映するユナイテッド・シネマとしまえんでは、9月16日(月・祝)に舞台挨拶が行われ、モビルスーツデザインの出渕 裕氏と、アニメ評論家の藤津亮太氏が登壇した。

 

今回が初となる『逆襲のシャア』の4DX化は、ガンダム40周年を記念して最新の上映システムでガンダムシリーズ作品を上映する「ガンダム映像新体験TOUR」の1つとして実現。

今なお根強い人気を誇る名作を、シーンと連動して動く座席や吹きつける水・風といった多彩な特殊効果で、臨場感たっぷりに楽しむことができる。

 

舞台挨拶に先駆けて4DXを体感した2人は、「コックピットでガタガタする芝居が多いので、その動きを体感できるのは非常に良い(出渕)」、「戦闘シーンを“ここはうるさいところ”、それ以外を“ここは静かなところ”とする、作り手の演出が体で感じられる(藤津)」と、映画のシーンに合わせて前後上下左右に座席が動くモーション・シートを絶賛。

さらに、冒頭の戦闘でリ・ガズィのビームをサザビーが撃ち落とした後、一瞬「止め」になるシーンにおいて、座席の小さな揺れが余韻のようで面白かったと、4DXならでは演出にも注目していた。

また、「熱風もあったけど、宇宙空間では熱は伝わらないんじゃ…」、「クェスがツバを吐くシーンは、水が出ても面白かったのでは」といったコメントで会場の笑いを誘う場面も。

 

そして、改めて劇場で観た『逆襲のシャア』という作品については、「何度も観ると色々と発見があって面白い。噛めば噛むほど味が出るスルメのような作品(出渕)」、「ドラマをぶった切る富野監督の編集は、テンポが良くて気持ちいい(藤津)」と語られたほか、出渕氏からは、クェスが生身で宇宙空間に飛び出すシーンで富野監督に「これはおかしい」と意見したところ、「NASAでも数秒間なら大丈夫って言われてるんだよ!お前は何も分かっていない!」と返されたが、後で自分の作業スペースに来た富野監督が「出渕君。さっきのあれ、そんなに気になる?」と聞くので「気になりますね」と返したら、「…いじわる」と言って帰っていったのは可愛かった、ちょっとキュンとしたという制作当時の思い出も明かされた。

 

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の4DX上映は、全国20館のユナイテッド・シネマにて9月26日(木)まで実施中だ。

国内初上陸の『機動戦士ガンダムNT』4DX上映もあるので、こちらもお見逃しなく。

 

また、「ガンダム映像新体験TOUR」は今後も続き、9月27日(金)から全国11館のイオンシネマにて『劇場版 機動戦士ガンダムI~III』、『機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション 虚空の戦場 HDリマスター』、『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』のULTIRA上映が順次スタート。
2020年初春からは『劇場版 機動戦士ガンダムI~III』のDOLBY CINEMA™上映が予定されている。

 

詳しくは「ガンダム40周年」公式サイトの特設ページをご覧ください。

 

 

 

関連記事

▲トップページへ戻る

人気の記事

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年11月18日 (月)

2019年11月06日 (水)

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

最近チェックしたページ