ガンプラ

2019年10月01日 (火)

2019年10月発売の最新「ガンプラ」ラインナップ!

「HGBD:R アースリィガンダム」「ハイレゾリューションモデル ゴッドガンダム」「HG ペーネロペー」など!

HGBD:R 1/144 アースリィガンダム

2019年10月12日(土)発売 / 1,540円(税込)

主人公ヒロトが操るガンプラ。劇中での「プラネッツシステム」での換装が再現可能となっており、「コアガンダム」とサポートメカである「アースアーマー」が合体し、「アースリィガンダム」に換装することができる。コアスプレーガン、コアシールドも強化パーツで大型武器に組み替えることが可能。

HGBD:R 1/144 マーズフォーウェポンズ

2019年10月12日(土)発売 / 660円(税込)

マーズフォーガンダム用武器セット「マーズフォーウェポンズ」は、大型の斧や大剣から構成される二振りの武装で、それぞれ合体してさらに大型の武器に変化するギミックを搭載。別売りの”コアガンダム”と”マーズフォーガンダム”用装甲パーツと組み合わせることで、マーズフォーガンダムを完成できる。

また、”コアガンダム”のほか、1/144スケールの既存ガンプラへの装備も可能で、オリジナルジョイントパーツが付属する。

HGBD:R 1/144 ヴィートルーウェポンズ

2019年10月12日(土)発売 / 660円(税込)

ヴィートルーガンダム用武器セット「ヴィートルーウェポンズ」は、別売りの「コアガンダム用ショートライフル」と組み合わせることで、大型ビームバズーカの作成も可能。別売りの”コアガンダム”と”ヴィートルーガンダム”用装甲パーツと組み合わせることでヴィートルーガンダムを完成させることができる。

また、”コアガンダム”のほか、1/144スケールの既存ガンプラへの装備も可能で、オリジナルジョイントパーツが付属する。

HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト

2019年10月19日(土)発売 / 2,200円(税込)

カザミが操る騎士風のカスタムが施された「ガンダムジャスティスナイト」は、”インフィニットジャスティスガンダム”をベースとし、ショットランサーと円形シールド、マント風ウイングを携える。新規股関節機構により、脚部を大きく広げたダイナミックなポージングが可能。

ハイレゾリューションモデル 1/100 ゴッドガンダム

2019年10月26日(土)発売 / 14,300円(税込)

『機動武闘伝Gガンダム』より、高解像度化された”ゴッドガンダム”がハイレゾリューションモデルシリーズに登場。

フレームは、ダイキャストを使用した重厚感ある塗装がされており、肘や膝、肩は可動時の連動スライドギミックを搭載。腹部は前屈が可能で、背部アーマーにサイドアーマーを接続することで可動範囲を確保。可動するつま先パーツにより接地性が向上し、足裏はラバーパーツが施されグリップも向上。

日輪エフェクトはPETシートが、胸部エネルギーマルチプライヤーにはジュエルシールがそれぞれ採用され、胸部と肩部を解放するハイパーモードが再現可能。ハンドパーツの親指は、3か所が関節可動し、平手などへ交換できるほか、ゴッドフィンガー用のクリアオレンジパーツも付属する。

HG 1/144 ペーネロペー

2019年10月26日(土)発売 / 7,480円(税込)

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』より、レーン・エイム中尉が搭乗する”ペーネロペー”が、カトキハジメ氏監修のもと、ついにHGで登場。

各部装甲は成形色で、キャノピーにはクリアパーツを採用。背面は、肩アーマーとテール・スタビライザー、脚部バーニアの形状などにより圧倒的なボリュームで、肩部アーマーは差し込み位置を変えることで開閉状態を再現できる。

また、各部武装や装甲には”ビーム・サーベル”が装着可能。付属するディスプレイ台座により、フライトユニットとオデュッセウスガンダムを分離状態でディスプレイすることができる。

※いずれもアクションベースは別売りです。

 

 

【10/16追記】

すべての画像を差し替えました。

 

 

関連記事

▲トップページへ戻る

人気の記事

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年11月18日 (月)

2019年11月06日 (水)

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

最近チェックしたページ