ガンプラ

2019年11月18日 (月)

今年はSDコースも初登場!「ガンプラビルダーズワールドカップ2019」日本大会決勝戦レポート

世界大会決勝戦は12/8ガンダムベース東京にて開催!

公式ガンプラ世界大会「ガンプラビルダーズワールドカップ2019」(GBWC2019)の日本一を決める「日本大会決勝戦表彰式」が、11月17日(日)にお台場のガンプラ総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)」にて開催された。

 

会場には、日本大会2次予選を通過したファイナリストが集結し、各コースの1位から3位および今年初登場となる「SDガンダムコース」のチャンピオン、特別賞「ガンダムブレイカーモバイル賞」に加え、一般投票により選ばれた「AUDIENCE賞2019」の選出・表彰が行われた。

審査員は、BANDAI SPIRITSホビー事業部より川口名人をはじめ、ガンダムチームの安永亮彦さん、開発設計チームの清宮僚太さん、安部 豊さんが務め、入賞した作品へのコメントや、ビルダーへのトロフィー授与が行われた。

 

それでは、各受賞作と審査員コメントを紹介していこう。

 

 

ガンダムブレイカーモバイル賞

【作品名】

EXPLORER

 

【ビルダー】

アイススピード

 

【審査員コメント】

「様々なMSのパーツが本来の素材を活かした形で構成され、まさにゲームコンセプトと一致していた作品のため選出させていただきました」(バンダイナムコエンターテインメント)

SDガンダムコース

【作品名】

黒龍頑駄無

 

【ビルダー】

しゃばろくさん

 

【審査員コメント】

「作品由来の設定感やそれに対してのオリジナルの解釈の織り交ぜ方が素晴らしかったです。SDガンダムなりのカッコかわいさなど、”触って動かしたいな”という思いを感じる作品でした」(BANDAI SPIRITSホビー事業部・安部 豊さん)

ジュニアコース

<第3位>

【作品名】

ガンバレルストライカー

 

【ビルダー】

RYO

 

【審査員コメント】

「題材に驚きましたが、プラモデルづくりの基本である”小さいものを精巧につくる”という部分に加え、正確な塗装と工作技術が両立しているところを評価させていただきました」(BANDAI SPIRITS ホビー事業部・安永亮彦さん)

<第2位>

【作品名】

ギガントマンティス

 

【ビルダー】

YOU

 

【審査員コメント】

「元のキットの”使い方・組み換え・組み合わせ”というところの発想力や、それに合わせた装飾の選定・塗装技術のバランスが良かったと思います」(BANDAI SPIRITSホビー事業部・安部 豊さん)

<第1位 / AUDIENCE賞2019>(日本チャンピオン)

【作品名】

Eternal rival... 輝く時を超えて

 

【ビルダー】

Toki-custom

 

【審査員コメント】

「大ボリュームの迫力はもちろん、いろいろな角度から見ても技法・劇中再現・ライティングなど”様々なことを試しながらやってみよう”という強い気持ちと、ガンダムシリーズに対する深い愛情を感じる作品でした」(BANDAI SPIRITSホビー事業部・清宮僚太さん)

オープンコース

<第3位>

【作品名】

要撃

 

【ビルダー】

MATEVER1.5

 

【審査員コメント】

「とにかく本体から背面から、置いてある一つ一つのモノに対しての質感表現が素晴らしいのと、コンパクトながらどの角度・面からみても世界観に引き込まれる、素晴らしい作品でした」(BANDAI SPIRITSホビー事業部・安部 豊さん)

<第2位>

【作品名】

一閃

 

【ビルダー】

ネアニス

 

【審査員コメント】

「構図の巧みさが素晴らしかったのと、細かく見ていくと塗装や工作も丁寧でした。また、”狙撃の一瞬”という『静』の中から、ビームの発射音が聞こえてくるような奥深さを感じさせていただきました」(BANDAI SPIRITSホビー事業部・清宮僚太さん)

<第1位 / AUDIENCE賞2019>(日本チャンピオン)

【作品名】

麗しの覇王

 

【ビルダー】

Re-ta

 

【審査員コメント】

「見た目のインパクトやミキシングのセンス感、元々別の場所に使われているパーツを今回の形に落とし込むための工作技術など、バランスが非常に優れているなと思いました。また、細かなディテールアップの加工など全てがトータルの評価になったのかなと思います。日本代表として、ぜひ世界の1位を狙ってください」(BANDAI SPIRITS ホビー事業部・安永亮彦さん)

表彰式の最後には、GBWC実行委員長でもある司会の川口名人から総評としてコメントがあり、本イベントは幕を下ろした。

「今年でGBWCは9回目を迎えますが、皆さんの作品を拝見して“自分はこういう作品を作りたいんだ・ここを見てほしいんだ”という気持ちが伝わる作品が多く見られたのではないかと思います。また、モビルスーツだけではなく「モビルドール」や「ハロプラ」などいろいろなアイテムをうまく使って、自分の作品を作っていくというスタイルが定着してきているんだなと感じさせていただきました。

プラモデルは作っていくと、どんどんスキルが上がっていきます。工作力・アイディア(ひらめき)を大事に、来年のアニバーサリーイヤーにもぜひ参加していただきたいと思います。これからもどうぞ、ガンプラを楽しんでいただければと思います」

 

 

日本大会で優勝したジュニアコース・オープンコースの各作品は、12月8日(日)に開催される「GBWC2019」世界大会の日本代表として進出する。

なお、各コースの日本チャンピオン作品は、ガンダムベース東京にて公開中。さらに、日本大会表彰式の様子は「THE GUNDAM BASE LIVE」にてアーカイブ配信もされているので、ぜひチェックしておこう。

 

 

※本文中一部敬称略

 

(ガンダムインフォ編集部)


「ガンプラビルダーズワールドカップ2019」日本大会表彰式

会期:2019年11月17日(日)

会場:ガンダムベース東京

 

 

関連記事

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?