gundam-works

2019年4月4日 (木)

機動新世紀ガンダムX

機動新世紀ガンダムX

【TV】全39話

1996年4月5日~1996年12月28日放送

 

ストーリー

旧地球連邦軍と宇宙革命軍の間で第7次宇宙戦争が勃発。実行された「コロニー落とし」によって、地球に住む全人口の95%が死亡し、その環境にも壊滅的な被害が出た。この戦争を境に時代はA.W.(アフター・ウォー)へと移行する。それから15年後のA.W.0015。未だ多くの傷痕を残しながらも地球環境は安定期へと移行し、わずかに生き延びた人々は、街の復興を目指してそれぞれの営みを充実させようとしていた。

A.W.元年に生まれた戦災孤児、ガロード・ランは、MSやその武装を売買するジャンク屋として生計を立てていた。彼は謎の紳士から、陸上戦艦を拠点とするジャンク屋組織「バルチャー」に連行された少女、ティファの奪還を依頼される。ガロードはバルチャー艦フリーデンに潜入し、ティファと遭遇。彼女に一目惚れしたガロードは、謎の紳士に身柄を引き渡さず、ティファを連れて逃走する。そして辿り着いた旧連邦の基地で、MS「ガンダムX」を発見したのだった。

スタッフ

[企画]サンライズ

[原作]矢立 肇、富野由悠季(『機動戦士ガンダム』より)

[シリーズ構成]川崎ヒロユキ

[キャラクターデザイン]西村誠芳

[メカニカルデザイン]大河原邦男、石垣純哉

[美術監督]佐藤 勝

[音楽]樋口康雄

[監督]高松信司

 

 

キャスト

[ガロード・ラン]高木 渉

[ティファ・アディール]かないみか

[ジャミル・ニート]堀内賢雄

[ウィッツ・スー]中井和哉

[ロアビィ・ロイ]山崎たくみ

[サラ・タイレル]かかずゆみ

[トニヤ・マーム]三石琴乃

[キッド・サルサミル]くまいもとこ

[テクス・ファーゼンバーグ]中 博史

[シャギア・フロスト]森川智之

[オルバ・フロスト]佐々木 望

[エニル・エル]本多知恵子

[カリス・ノーティラス]水谷優子

[ランスロー・ダーウェル]竹村 拓

 

 

キャラクター

ガロード・ラン

ガンダムXのパイロット。フリーデンで出会ったティファに一目惚れし、その後MSパイロットとしてフリーデンに乗艦する。旧連邦軍のメカニックであった父の血を引き継いでいるためか、MSの操縦技術には天性のものがある。

ティファ・アディール

ニュータイプ能力者として、幼少の頃から地球各地の研究施設をたらい回しにされていた少女。そのためか無口で、心を閉ざしている。ニュータイプの保護を行っていたフリーデンに救出された直後、ガロードと遭遇する。

ジャミル・ニート

バルチャー艦フリーデンの艦長。第7次宇宙戦争時は旧連邦軍兵として、ガンダムXの操縦を担当。当時はニュータイプ能力を持っていたが、戦場で重傷を負った際に能力を失った。フリーデンではニュータイプ能力者の保護に奔走する。

ウィッツ・スー

ガンダムエアマスターに搭乗するフリーのMS乗り。故郷に残る家族を支えるため、MS乗りという危険な仕事を選んだ。激昂すると周りが見えなくなるという直情的な性格の持ち主。後にフリーデンと長期契約を結ぶ。

ロアビィ・ロイ

ウィッツと共にフリーデンと長期契約を結んだフリーのMS乗りで、ガンダムレオパルドを所有する。プレイボーイで複数の女性と恋愛関係にあった。フリーデンに乗艦してからは、艦のムードメーカーともなる。

サラ・タイレル

艦の航行管理などを担当するフリーデンの総合オペレーター。冷静沈着な性格だが、真面目すぎて融通が効かない一面も持つ。艦長ジャミルに想いを寄せており、ニュータイプの保護に励む彼のサポート役に徹している。

トニヤ・マーム

フリーデンで通信業務を担当する女性ブリッジクルー。真面目なサラとは正反対の明るく陽気な人物で、荒廃した戦後世界を持ち前の性格で乗り越えようとしていた。感情を表に出さないティファに対してもフレンドリーに接する。

キッド・サルサミル

フリーデンに所属する少年で、12歳ながらフリーデンやMSの整備・改修全般を担当するメカニックマン。メカニックとしてのプライドは高く、「子供だから」という理由で馬鹿にされることを最も嫌っている。

テクス・ファーゼンバーグ

フリーデンに所属する医師。戦場での医務行為を続けているベテランで、ジャミルからも信頼されている。保護したティファの体調管理などを行っていた。趣味はビリヤードと詩文学で、ヴェルレーヌやハイネの詩を暗誦できるほどである。

シャギア・フロスト

政府再建委員会の諜報機関に所属するエージェント「フロスト兄弟」の双子の兄で、ガンダムヴァサーゴを愛機とする。弟オルバとテレパシーで通じ合える能力を持つ。委員会からの指示を受け、ニュータイプ能力者の捜索を行っている。

オルバ・フロスト

シャギアの双子の弟で、兄と共にニュータイプ能力者を捜索する諜報機関のエージェント。冷静に振舞う兄とは異なり、感情的で頭に血が上りやすい性格。MSパイロットとしては優秀で、ガンダムアシュタロンを操縦する。

エニル・エル

宇宙革命軍将校を父に持つ、地球生まれの女性MS乗り。女を武器にすることも厭わないしたたかなやり方で戦後を生き抜いてきた。ガンダムタイプの捜索中に出会ったガロードに興味を持ち、強引に接近する。

カリス・ノーティラス

フォートセバーン市で親衛隊隊長を務めたMSパイロットで、人工的にニュータイプ能力を付与されている。ニュータイプ能力者によって統治される世界を目指し、能力を持つティファを仲間に組み入れようとした。使用MSはベルティゴ。

ランスロー・ダーウェル

宇宙革命軍大佐。第7次宇宙戦争時はジャミルのガンダムXと激闘を繰り広げた。戦後は宇宙革命軍の教育大隊を率いている。ジャミルと同じくニュータイプ能力を失っているが、パイロットとしての技量は依然高い。

 

メカニック

GX-9900 ガンダムX

旧連邦軍が開発したニュータイプ能力者専用のMS。搭載された「フラッシュシステム」によって、無人機ビットMSの運用や、大型砲、サテライトキャノンの発射が可能となっている。後に攻撃力、機動力を向上させたガンダムXディバイダーに改修された。

GX-9901-DX ガンダムDX

政府再建委員会がガンダムXをベースに開発していたガンダムタイプ。サテライトキャノンを2基に増強した「ツインサテライトキャノン」や専用バスターライフルなどを備え、ガンダムXを超える戦闘力を持つ。

GW-9800 ガンダムエアマスター

旧連邦軍が開発したガンダムタイプの一種で、機動性に優れた可変機。飛行形態である「ファイターモード」を利用した一撃離脱戦法を得意とする。後に武装を強化したガンダムエアマスターバーストに改修された。

GT-9600 ガンダムレオパルド

旧連邦軍が開発したガンダムタイプの一種で、砲撃戦能力に優れた重武装機。機体各所にミサイルほか内蔵兵器を多数備え、単機でも拠点制圧を可能としている。後に武装を増強したガンダムレオパルドデストロイに改修されている。

NRX-0013 ガンダムヴァサーゴ

政府再建委員会が、第7次宇宙戦争後に開発したガンダムタイプ。腹部に設置されたメガソニック砲のほか、クロービーム砲など対MS戦用、拠点制圧用の大型火器を多数備える。後にガンダムヴァサーゴチェストブレイクに改修され、より攻撃力が増強された。

NRX-0015 ガンダムアシュタロン

ヴァサーゴとの連携運用が想定されたガンダムタイプで、MA形態への変形が可能。主な武装は敵機を捕獲・粉砕するアトミックシザース。ガンダムアシュタロンハーミットクラブに改修後は、宇宙での活動が可能となった。

フリーデン

ジャミルが運用したバルチャー艦で、アルプス級に分類される陸上戦艦。ホバー走行方式を採用している。MSパーツの回収や貨物の積み込みを行える3基の大型クレーンのほか、最大で6機のMSを搭載することができた。

DT-6800 ドートレス

旧地球連邦軍の主力MS。3基のカメラアイと大型のスラスターバックパックが特徴。拡張性に優れ、武装を強化したドートレスウエポンや、指揮能力を高めたドートレスコマンドなどバリエーション機が多数生み出された。戦後は主にバルチャーが運用している。

RMS-006 ジェニス

宇宙革命軍が第7次宇宙戦争で大量に投入した主力機。丸みを帯びたボディとモノアイカメラが特徴の汎用機である。宇宙用、地上用が生産された。戦後は地球のバルチャーが回収した機体に独自のチューンナップを施して運用している。

RMSN-008 ベルティゴ

第7次宇宙戦争で宇宙革命軍が投入したニュータイプ専用機で、機動性に優れる。操縦者の脳波を利用する遠隔操作方式の小型ビーム砲「ビット」を備え、これを無数に操るオールレンジ攻撃を主な戦闘法としている。

RMS-019 クラウダ

宇宙革命軍が第7次宇宙戦争後に開発した新型機。基本構造はジェニスをベースとしているが、戦闘力、防御力共に強化されている。大型のバーニアを各所に備え、宇宙で優れた機動性を確保しているが、腹部のバーニアが弱点ともなっている。

 

作品解説

「コロニー落とし」で未曾有の被害を受けた地球側(バルチャー艦フリーデン)の視点から、世界大戦の再発とその結果を描いたTVシリーズ作品。フリーデンと新地球連邦軍、宇宙革命軍との戦いを主軸に、ティファを守ろうと奮闘するガロードの成長、そして人類を超越した「ニュータイプ」の存在が大きなテーマとして描かれている。また、ガンダムX、DXなどのガンダムタイプ以外にも、斬新なデザインのMSが多数登場し、注目を集めた。

 

 

世界観

A.W.0015、徐々に環境が回復しつつあった北米大陸では、MSのパーツなどを回収し、売買を行うバルチャー勢力が、最も力を持っていた。中には強奪を繰り返すようなグループもいたため、一般市民の評判は決して良いものではなかったが、大陸を隅々まで往復する彼らの存在が経済の活性化を促し、街の振興にも寄与したことは間違いない。

一方で、崩壊した旧地球連邦は、残存勢力が政府再建委員会を立ち上げ、新たな地球連邦設立に向けて密かに準備を進めていた。また、「コロニー落とし」を行なった宇宙革命軍も、本拠地であるクラウド9を中心に、勢力を整えつつあった。両勢力は、磐石の支配体制を築くために「ニュータイプ」の理念や能力を利用しようと画策しており、それが新たな戦いを生み出す要因ともなっていたのである。

 

 

バルチャー

MSや艦艇のパーツ回収・売買で利益を得ていた集団の総称。陸上戦艦を運用する陸(おか)バルチャーと海上戦艦を運用するシーバルチャーが存在する。自衛用としてMSを所有するバルチャーも多く存在した。

政府再建委員会

旧地球連邦の幹部たちが、地球連邦再建のために結成した組織。MSの開発を進める傍ら、第7次宇宙戦争後、ほぼ姿を消したニュータイプ能力者の捜索も行なっていた。指導者はフィクス・ブラッドマン。

宇宙革命軍

第7次宇宙戦争で「コロニー落とし」を実行した組織で、クラウド9を本拠地とする。戦後は宇宙出身者(スペースノイド)をニュータイプとする「ニュータイプ主義」を提唱。指導者はザイデル・ラッソ。

ニュータイプ能力者

予知能力やテレパシーを有する人物の総称とされる。第7次宇宙戦争当時は、連邦軍が開発した「フラッシュシステム」を作動させることができるパイロットの名称となった。

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?