ガンダム作品紹介      

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編

【劇場】

1982年3月13日公開

ストーリー

ジャブロー戦の結果、地球上における地球連邦軍の勝利は決定的になり、前線は宇宙に移行した。第13独立部隊として正式に地球連邦軍に組み込まれたホワイトベースも囮任務を担って宇宙に上がり、中立コロニー群のサイド6に入った。そこでアムロは運命の女性ララァ・スンと出会い、ニュータイプ的交感を果たす。だが、ララァはシャアが指揮するジオン公国軍ニュータイプ部隊のパイロットであり、結果的にアムロは戦闘でララァを殺してしまう。そんなアムロの悲嘆をよそに、主戦場はジオン公国軍の宇宙要塞ア・バオア・クーへと移っていく。そしてララァを失ったアムロとシャアは、ア・バオア・クーを舞台に一年戦争最後の死闘を繰り広げるが……。

スタッフ

[製作]岸本吉功

[企画]山浦栄二、伊藤昌典

[原作]矢立 肇、富野喜幸

[総監督]富野喜幸

[アニメーションディレクター]安彦良和

[脚本]星山博之、荒木芳久、山本 優、松崎健一

[キャラクターデザイン]安彦良和

[メカニカルデザイン]大河原邦男

[音楽]渡辺岳夫、松山祐士

[アートディレクター]中村光毅

[オーディオディレクター]浦上靖夫

[フォトグラフィーディレクター]三沢勝治

[プロデューサー]植田益朗、渋江靖夫、岩崎正美

 

 

キャスト

[アムロ・レイ]古谷 徹

[ブライト・ノア]鈴置洋孝

[カイ・シデン]古川登志夫

[ハヤト・コバヤシ]鈴木清信

[ミライ・ヤシマ]白石冬美

[セイラ・マス]井上 瑤

[フラウ・ボゥ]鵜飼るみ子

[カムラン・ブルーム]村山 明

[テム・レイ]清川元夢

[レビル]村松康雄

[シャア・アズナブル]池田秀一

[ララァ・スン]潘 恵子

[デギン・ザビ]柴田秀勝

[ギレン・ザビ]田中 崇

[キシリア・ザビ]小山茉美

[ドズル・ザビ]玄田哲章

[ナレーター]永井一郎

 

 

キャラクター

アムロ・レイ

ガンダムのパイロットを務める地球連邦軍少尉。強力なニュータイプとして覚醒しており、MS操縦時の戦闘能力はシャアを超える。再会した父親と離別した直後、運命の少女ララァを殺してしまったことで孤独に陥ってしまう。

シャア・アズナブル

キシリア・ザビ少将からニュータイプ部隊を任されたジオン公国軍大佐。ニュータイプによる新世界構築を夢見ながらも、ザビ家への復讐も忘れていない。戦闘の中、部下にして特別な感情を抱くララァを失ってしまう。

ララァ・スン

ジオン公国軍のニュータイプ研究所「フラナガン機関」で調整を受けたニュータイプの少女。階級は少尉。自分を拾ってくれたシャアに恩義と愛情を感じる一方で、鋭敏なニュータイプ感覚からアムロにも惹かれている。

ギレン・ザビ

ジオン公国総帥。階級は大将。事実上のジオン公国の指導者であり、絶大なカリスマ性と選民思想で独裁を布いている。地球連邦との和平に乗り出した父デギン公王を謀殺し、ア・バオア・クーで地球連邦軍を迎え撃った。

キシリア・ザビ

ジオン公国のナンバー2。階級は少将で、突撃機動軍の司令を務める。ギレンの追い落としを狙い、独自に戦力や資源を温存していた。父殺しの罪でギレンを殺害した後、戦況不利と見てア・バオア・クーからの脱出を図るが……。

この他、登場キャラクターは「公式サイト」をご覧ください。

 

 

メカニック

RX-78-2 ガンダム

「V作戦」の一環で完成した地球連邦軍の白兵戦用MS。あらゆる面でザクを圧倒する性能を持ち、ジオン公国軍からは「連邦の白いヤツ」と呼ばれ恐れられた。パイロットのアムロは素人だったが、サイド7で2機のザクを撃破した。

MA-08 ビグ・ザム

ジオン公国軍の巨大MA。大型メガ粒子砲以下多数の火器による超大火力だけでなく、絶対的な対ビーム防御能力をも併せ持っている。ソロモン戦終盤、ドズル・ザビが搭乗して出撃し、地球連邦軍艦隊に痛打を浴びせた。

MS-14S ゲルググ(シャア専用ゲルググ)

ジオン公国軍最後の主力MSゲルググを、シャア・アズナブルの専用機としたもの。一般機同様、ビーム・ライフルとビーム・ナギナタを装備する。テキサスコロニーやア・バオア・クー戦の前哨戦でガンダムと交戦した。

MAN-08 エルメス

ララァ・スンが乗ることを前提に開発されたニュータイプ専用モビルアーマー。12機のビットを放出、サイコミュの使用によりミノフスキー粒子散布下でも自在に無線誘導し、敵にオールレンジ攻撃をしかける。

MSN-02 ジオング

ニュータイプ用として開発途上にあったモビルスーツ。5本の指先にメガ粒子砲を内蔵し、有線誘導によってオールレンジ攻撃をしかける。シャア大佐が脚部の装着されていない未完成機に乗りこみ、出撃した。

この他、登場モビルスーツは「公式サイト」をご覧ください。

 

 

作品解説

劇場版『機動戦士ガンダム』3部作の最終編。TV版第31話から第43話(最終話)を再編集した内容であり、前2作と比べても新規に作画されたカットが多いのが特徴。これはTV版と一部のメカが入れ替わったことが一因だが、それ以上にTV版後期では不参加だった安彦良和がアニメーションディレクターを担当した影響が大きい。主題歌「めぐりあい」の作曲と歌は前作の主題歌と同じく、井上大輔であった(作詞は井荻 麟・売野雅勇)。

 

 

TV版との相違

第1弾、第2弾と同じくTVシリーズを再編集した内容であるため、エピソードの省略や入れ替え、一部台詞の変更などが行われた。省略されたエピソードとしては第37話のマ・クベ戦、第39話の全編などがある。時系列の変更は、TV版ではソロモン戦→テキサス・コロニーの順だったエピソードが劇場版では逆転された。その他の変更点では、ハヤトの乗機(TV版ガンタンク→劇場版ガンキャノン)、セシリアやダルシア首相の追加などがある。

人気の特集・連載ページ

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年11月18日 (月)

2019年11月06日 (水)

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

最近チェックしたページ