ゲーム・アプリ

2019年3月27日 (水)

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」新たなシステムや新ユニット&キャラクターを公開!

ジージェネおなじみの「グループ」編成に「戦艦グループ」の他、「遊撃グループ」が登場!

株式会社バンダイナムコエンターテインメントより、2019年に発売される「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」では、新たなシステムやパイロット、ユニットの情報が、本日3月27日(水)に公開された。

 

なお、ゲームシステムや参戦作品、公開済みの参戦ユニット・キャラクターについては、こちらの記事をご覧ください。

 

 

自由に編成した部隊で戦場へ出撃!

「グループ編成」とは

ジージェネレーションシリーズにおいて最も特徴的なゲームシステムとなる部隊編成。「グループ編成」では⼊⼿したユニット、スカウトしたキャラクターを組み合わせ、自由に編成した部隊で戦場に出撃することが出来る。ステージ内容や作戦、プレイスタイルにあわせて編成した自分だけの部隊を編成して4つの世界の戦場に介入せよ!

 

  • 編成

部隊の編成はユニットと搭乗するキャラクターを組み合わせて行う。

  • そして戦場へ

各ガンダム作品のステージに、編成した自分の部隊を参戦させることができる。

2種類の編成方法

  • 「戦艦グループ」

「戦艦グループ」では戦艦を中心とした部隊で出撃。

  • 新システム「遊撃グループ」

今作ではユニットのみで構成された「遊撃グループ」を編成できる新システムを搭載!

■戦艦グループ

「戦艦グループ」では戦艦にユニットを搭載して出撃できる。ユニットに登場するキャラクターや戦艦のクルーを配置してグループを作成する。原作では戦艦のクルーだったキャラクターを、ユニットに登場させて出撃することもできる。キャラクターのステータスを考慮した効率の良い編成を行うのも、プレイヤーの好みを反映した編成を行うのも、自由自在だ。

<戦艦グループの特徴>

「戦艦連携」

戦艦グループのグループアタック「戦艦連携」は、戦艦ユニットのコマンドメニューから選択して仕掛けることができる。「戦艦連携」では戦艦の周囲にいるユニットと連携しながら複数の敵ユニットに一斉に攻撃する。集団戦法を使いこなして、戦場を圧倒せよ。

「回復手段」

戦いで傷ついたユニットは戦艦ユニットに帰還することで大幅に回復することが出来る。しかし、そのターンの行動は制限されてしまうので、状況に応じた判断が求められる。

「マスターユニット」

戦艦グループには「マスターユニット」を設定することができる。マスターユニットは戦艦に帰還せずに毎ターンHP/EN回復するなどの恩恵を受けられる。マスターユニットの運用はステージ攻略の鍵となる。

■新システム「遊撃グループ」

「クロスレイズ」から新たに登場する「遊撃グループ」では、戦艦にユニットを搭載する「戦艦グループ」とは異なり、ユニットのみの「遊撃グループ」を編成し、各ユニットを遊撃機としたグループで出撃させることが可能。戦況に応じて多方面への展開を行いながら戦場を駆け抜けろ。

<遊撃グループの特徴>

「回復手段」

「遊撃グループ」に編成したユニットは、自軍ターンの開始時、自動的にHPやENが回復するが、ユニットの配置によって、回復量が変化する。

隣接する機体数が多いほど、HP回復量が高くなる。一方、隣接する機体数が少ないほど、EN回復量が高くなるため、戦況に合わせて、ユニットの配置を考慮するのが戦略の鍵となる。

「遊撃連携」

「遊撃グループ」のグループアタック「遊撃連携」はユニット同士で連携攻撃を仕掛けることが可能。「戦艦連携」とは違い、遊撃グループのどの機ユニットからでも発動できるので、多方面に展開しつつ、複数の敵ユニットを攻撃することができる。

■『機動戦士ガンダム00』

  • 刹那・F・セイエイ(CV:宮野真守)

ソレスタルビーイングのガンダムマイスター。プトレマイオスを母艦とするガンダムエクシアのマイスターで、自らを「ガンダム」と名乗り、戦争根絶のために戦う少年。年齢の割には冷めた思考を持ち、他者との触れ合いを嫌う傾向にあるが、アザディスタンの皇女マリナ・イスマイールとの出会いや、ほかのガンダムマイスターと行動を共にする中で大きく成長していく。

 

  • GNアーマー TYPE-E / 型式番号:GN-001+GNR-001E

強化支援機GNアームズTYPE-Eと合体したガンダムエクシアの強化形態。近接戦を想定した装備で、牽制用のGNビームガンを内蔵した大型GNソードが追加されている。さらには「GNフィールド」の展開も可能となるなど、攻守においてガンダムエクシアを強化する。国連軍との最終決戦において使用され、アレハンドロ・コーナーが搭乗するアルヴァトーレと激しい攻防を繰り広げた。

  • アレハンドロ・コーナー(CV:松本保典)

ソレスタルビーイングの監視者。古くからソレスタルビーイングの監視者の役割を担ってきたコーナー家の現当主である。

表向きはユニオン所属国の国連大使という顔を持ち、その裏ではソレスタルビーイングの監視者として活動しつつ、イオリア・シュヘンベルグの計画を乗っ取るというコーナー家の長年の悲願を果たそうと画策する。独自に開発したガンダムスローネを「トリニティ」に与えてプトレマイオスとは別に武力介入を行わせ、その後、国連軍が発足すると各国に擬似太陽炉搭載型MSジンクスを譲渡するなど、徐々にイオリアの計画を歪めていった。

 

  • アルヴァトーレ / 型式番号:GNMA-XCVII

ソレスタルビーイングとの最終決戦において投入された国連軍の巨大MA。ソレスタルビーイングの監視者であるアレハンドロ・コーナーが、自身の専用機として開発した擬似太陽炉搭載型の機体である。合計7基もの擬似太陽炉「GNドライヴT(タウ)」を搭載することで、機首の巨大ビーム砲をはじめ、多数の強力なビーム兵器の装備が可能となっている。さらに非常に強固な「GNフィールド」を展開することで、敵の遠距離攻撃を無効化するなど、優れた防御力を発揮する。

■『新機動戦記ガンダムW』

  • リーオー(地上仕様/肩部キャノン砲装備) / 型式番号:OZ-06MS

地球圏統一連合軍の量産型MSリーオー(地上仕様)のキャノン砲装備タイプ。肩部に固定火器としてキャノン砲を装備した事で火力が増加しており、それに伴って装甲形状も変化している。主にモガディジオ要塞などに配備され、基地の防衛戦力として運用された。

■「新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT」

  • リーオー(OZプライズ仕様) / 型式番号:OZ-06MS

OZプライズに所属するリーオー。汎用性と量産性に優れた機体で、連合軍の主力MSとして大量に生産され、OZプライズにも配備された。基本的に通常のリーオーと大きな差異は無いが、専用のカラーリングが施されている。

■『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』

  • ゲルズゲー / 型式番号:YMFG-X7D

地球連合軍の試作MA。軍需企業アドゥカーフ・メカノインダストリーによって開発された拠点防衛用の機体である。前大戦における連合軍の主力機ストライクダガーの上半身を流用したMS部と、6本の脚部を備えたMA部分が組み合わさった特殊な構造をしている。MA部分はフライトユニットにもなっており、脚部を折り畳んだ飛行形態を取ることで、大気圏内での飛行が可能となる。武装は前脚の先端にビーム砲、背面に「連装125mm滑腔砲」を備え、さらに防御兵器として、ビーム砲を反射して無効化する陽電子リフレクターを装備しており、防衛戦において優れた性能を発揮する。


SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ

対応機種:PlayStation®4/Nintendo Switch™/STEAM®

ジャンル:ガンダムシミュレーション

発売日:2019年発売予定

希望小売価格:未定

プレイ人数:1人

CERO:審査予定

 

 

 

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?