ガンプラ

2019年12月02日 (月)

2019年12月発売の最新「ガンプラ」ラインナップ!

「RG νガンダム フィン・ファンネルエフェクトセット」や「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」、「MG ガンダムバルバトス」など!

 

RG 1/144 νガンダム フィン・ファンネルエフェクトセット

2019年12月7日(土)発売 / 6,600円(税込)

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「RG 1/144 νガンダム」本体に、アクションべース4クリア×1、Figure-rise Effect ジェットエフェクト(クリアイエロー)×2がセットになって登場。

付属のフィン・ファンネル6基全てをエフェクト付きでディスプレイできる他、別売りの「RG 1/144 サザビー」にも使用可能となっている。

HGBD:R 1/144 ガンダムゼルトザーム

2019年12月7日(土)発売 / 2,420円(税込)

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』より、「ガンダムMk-III」をベースとした機体「ガンダムゼルトザーム」が登場。伸縮可能な巨大な右腕や大型ランス、砲身が展開するシールドランチャーといった、特殊な武装を備えた異形の機体を再現している。

HGBD:R 1/144 インジャスティスウェポンズ

2019年12月7日(土)発売 / 770円(税込)

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』 より、”ガンダムジャスティスナイト”の武装がティターンズ風カラーリングで登場。

ショットランサーと円形シールド、マント風ウイングのセットで、1/144スケールの既存ガンプラへの装備も可能。さらに、オリジナルジョイントパーツが付属する。

ハロプラ ザクレロハロ

2019年12月7日(土)発売 / 825円(税込)

ハロカスタムバリエーションの1つとして、ジオン軍の大型MA「ザクレロ」をイメージした鎌とブースターを装備した「ザクレロハロ」が登場。

Figure-rise Mechanics ハロ[ピンク]

2019年12月7日(土)発売 / 1,980円(税込)

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、ラクス・クラインのハロが、Figure-rise Mechanicsにラインアップ。

内部構造は一部新規造形にて再現され、内部メカが見える状態でディスプレイできるクリア外装も付属。目のパーツは可動式で、ノーマル、つり目、たれ目、と表情豊かにディスプレイ可能。

また、瞳にはクリアパーツが使用され、別売りの「LEDユニット」で光らせることもできる。

HG 1/144 ガンダムG40(Industrial Design Ver.)

2019年12月14日(土)発売 / 3,300円(税込)

世界的工業デザイナー奥山清行氏と、演出家・映画監督松尾衡氏が再現する、2019年の「ガンダム40周年」および2020年の「ガンプラ40周年」を彩る特別なガンダムが登場。

18mのMSを通常の工業製品と同様のデザイン製作工程を踏み、3Dで設計しながら検証し、人間らしいフォルムや動きにこだわりつつ、リアリティの伴う構造を追求。

頭部のメインカメラは、ライン状に可動することをイメージして”ホイルシール”で表現されているほか、脚部は可動に加え、シルエットにも重点を置いてデザイン。腕部の関節は人間の骨格を意識し、腹部のねじりと伸ばす動きにおいては、人体よりも広い可動を発揮する。

MG 1/100 ガンダムバルバトス

2019年12月21日(土)発売 / 4,950円(税込)

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より「ガンダムバルバトス 第4形態」がMGシリーズで登場。

内部構造の”ガンダム・フレーム”は、劇中設定を細部まで再現し、シリンダーにはシルバーメッキを採用。胸部の”エイハブ・リアクター”には、回転するギミックがMGとして初搭載されている。

また、上半身に盛り込まれた可動軸により、内部フレームとシリンダー、装甲が連動。待機姿勢では左右へのスイング、股関節の軸可動を再現し、特徴的な見下ろしの待機ポーズが楽しめる。

さらに、ハンドパーツは3種付属し、メイスはグリップと先端をスライドさせることができる他、滑空砲の砲身にはスライド・折り畳みギミックが搭載されている。

HGBD:R 1/144 エルドラブルート

2019年12月21日(土)発売 / 2,200円(税込)

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』 より、『機動武闘伝Gガンダム』に登場する「デスビースト」をベースとした機体「エルドラブルート」が登場。手には大型の四又槍、背部にビーム発射装置を備える。

HGBD:R 1/144 量産型ジオニックソード

2019年12月21日(土)発売 / 990円(税込)

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』 より、”ν-ジオンガンダム”の武装が量産型風のカラーリングで登場。「GBN-ガードフレーム」をはじめとした、ビルドシリーズ量産型機体と組み合わせて遊ぶことができるほか、専用台座も付属する。

※いずれもアクションベースは別売りです。

 

 

 

【12/5追記】

「HG 1/144 ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」以外の画像を差し替えました。

 

 

関連記事

▲トップページへ戻る

人気の記事

オススメ情報

国勢調査

アクセスランキング

発売カレンダー

サイトからのお知らせ

2019年11月18日 (月)

2019年11月06日 (水)

2019年06月25日 (火)

2019年06月20日 (木)

2019年05月21日 (火)

最近チェックしたページ