gundam-census

2020年1月14日 (火)

「Q.2019年のガンダム関連トピックで印象的だったのは?」は展覧会「富野由悠季の世界」が1位!【2019/12/23~1/5】

ガンダム国勢調査 第643回

Q.2019年のガンダム関連トピックで印象的だったのは?

昨年はガンダム40周年ということで、多くの企画やイベントなどが行われた。コラボ企画だけでも、JRAやジョージア エメラルドマウンテンブレンド、そしてハローキティにプロ野球12球団と幅広く、インパクトの大きい組み合わせが実現した。ガンダムカフェは福岡県に出店し、6大都市制覇への第一歩を踏み出した年でもあった。

オリンピックイヤーということもあり、観光客も増え盛り上がりそうな2020年。昨年のガンダムトピックをおさらいしておこうということで、印象的だったものを調査してみた。

 

 

が25ポイント強の支持を集めた。2019年6月の福岡を皮切りに、兵庫、島根、青森、富山、静岡で開催されていく、富野監督の55年間の業績を振り返る展覧会だ。リアルタイムで作品に触れてきた私たちは、当時の状況を懐かしく思い返しながら、平成生まれの世代の方には、子供向けアニメに魂を込めていった頑固なおじさんの戦いを感じて欲しい。富野監督はコンテ1,000本切りなどさまざまな逸話も残しながら、常に若者に向かって問いかけてくる熱い方である。「それでも人は、生きていかねばならない」。いまさらながらに重みを感じる命題を私たちに突きつけてくる監督に立ち向かっていきたいものだ。

 

 

が19ポイントの支持を集めた。2018年にNHKで放送された『発表!全ガンダム大投票』内の“ガンダムソングス・ランキング”で選出された、「国民が選んだガンダムソングベスト10」を森口博子さんが全曲カバー&セルフカバーしたアルバムである。『機動戦士ガンダム』から『鉄血のオルフェンズ』『ガンダムUC』までランクインする接戦の中、第1位となったのは『Ζガンダム』オープニングテーマ「水の星へ愛をこめて」。ジャケットイラストはイラストレーター・ことぶきつかささんの描き下ろしで、宇宙を背景に「Ζガンダム」とノーマルスーツに身を包んだ森口さんが描かれるなど、40周年の記念にシンボリックなアルバムだった。

 

第3位は「ガンダムチャンネル」開設が16ポイントで続いた。ガンダム作品が基本無料で視聴できるYoutubeでの配信とあって、時代の変化を感じた方が多かったようである。しかも、最新作の『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』が2019年10月からここで配信された事にはびっくりした。スマホで映像を見るのが当たり前となった今、アニメの視聴の仕方も変わっていくのだろう。だが、劇場公開作品の人気も健在である。ファーストコンタクトは無料動画で、特別な作品は劇場の大画面でじっくりと鑑賞する、という視聴スタイルが分化していきそうだ。ということで、今年はスマホと劇場とテレビなど、色々なところでガンダムを堪能したいと思う。あー、今の時代、一番足りないのは時間だな〜。

 

 

(ガンダムインフォ編集部)

関連記事

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?