gundam-works

2019年4月4日 (木)

機動戦士ガンダム00 ファーストシーズン

機動戦士ガンダム00 ファーストシーズン

【TV】全25話

2007年10月6日~2008年3月29日放送

 

ストーリー

西暦2307年。
人類は地上から宇宙に及ぶ軌道エレベーターを建造し、枯渇した化石燃料に代わって太陽光エネルギーの獲得に成功していた。だが、太陽光の恩恵を受けることができたのは、ユニオン、人類革新連盟、AEUという3大国家群とその同盟国だけであり、中東諸国や非加盟国家は貧困に苦しんでいた。また3大国家も盤石ではなく、世界の主導権を巡って緊張状態が続いていたのである。そして、宗教や民族に起因する紛争も、終わる気配を見せてはいなかった。
こうした状況を打開するべく、謎の組織が姿を現す。私設武装組織「ソレスタルビーイング」を名乗る彼らは、既存の戦闘兵器を上回る超兵器「ガンダム」を用い、全戦争行為への介入を開始する。刹那・F・セイエイをはじめ、ガンダムを操縦する4人のガンダムマイスターと、その活動拠点となる母艦プトレマイオスに乗り込むクルーたちは、戦争根絶を目指して、巨大勢力に立ち向かっていく――。

スタッフ

[企画]サンライズ

[原作]矢立 肇、富野由悠季

[監督]水島精二

[シリーズ構成]黒田洋介

[キャラクターデザイン]高河ゆん、千葉道徳

[メカニカルデザイン]海老川兼武、柳瀬敬之、鷲尾直広、寺岡賢司、福地 仁、中谷誠一、大河原邦男

[美術監督]佐藤豪志(KUSANAGI)

[音楽]川井憲次

 

 

キャスト

[刹那・F・セイエイ]宮野真守

[ロックオン・ストラトス]三木眞一郎

[アレルヤ・ハプティズム]吉野裕行

[ティエリア・アーデ]神谷浩史

[スメラギ・李・ノリエガ]本名陽子

[王 留美]真堂 圭

[グラハム・エーカー]中村悠一

[パトリック・コーラサワー]浜田賢二

[セルゲイ・スミルノフ]石塚運昇

[ソーマ・ピーリス]小笠原亜里沙

[沙慈・クロスロード]入野自由

[ルイス・ハレヴィ]斎藤千和

[マリナ・イスマイール]恒松あゆみ

[アリー・アル・サーシェス]藤原啓治

[アレハンドロ・コーナー]松本保典

 

 

キャラクター

刹那・F・セイエイ

ガンダムエクシアのガンダムマイスター。中東・クルジス共和国の出身で、少年時代はテロ組織KPSAのメンバーとして活動していた。ガンダムに深い愛情を注いでおり、その力で世界を変革させることを目指している。

ロックオン・ストラトス

ガンダムデュナメスのガンダムマイスター。爆弾テロで最愛の家族を失ったことが契機となり、戦争撲滅を掲げるソレスタルビーイングに加入した。プトレマイオスのムードメーカーとして、他のクルーたちのけん引役となった。

アレルヤ・ハプティズム

ガンダムキュリオスのガンダムマイスター。天涯孤独の孤児であり、幼少時代を人革連の超人機関で過ごしている。普段は穏やかな性格だが、脳量子波の干渉を受けると、凶暴な人格「ハレルヤ・ハプティズム」が出現する。

ティエリア・アーデ

ガンダムヴァーチェのガンダムマイスター。出身、性別など、個人情報は一切不明である。組織の方針を決定する量子コンピュータ「ヴェーダ」に心酔しており、その方針を歪めずに行動することを最優先としている。

スメラギ・李・ノリエガ

プトレマイオスに乗艦する戦術予報士。「ヴェーダ」の方針に即したミッションプランを策定するだけでなく、プラン実行時の陣頭指揮も担当する。決断力に優れた人物で、ブリッジクルーのまとめ役となっていた。

王 留美(ワン・リューミン)

ソレスタルビーイングの活動をサポートするエージェントで、紅龍(ホンロン)と共に行動する。富豪である王家の若き盟主であり、財政面で組織を支えるほか、敵勢力の情報などをプトレマイオスに提供している。

グラハム・エーカー

ユニオンに所属する優秀なフラッグファイターで、対ガンダム調査隊のリーダーを務める。武力介入を開始した刹那のガンダムエクシアを偶然に見かけ、その性能に驚愕する。これを契機として、ガンダムの追跡に執念を燃やす。

パトリック・コーラサワー

AEUに所属するエースパイロットで、模擬戦では無敗を誇る。AEUが開発した新型MS、イナクトのデモンストレーションを担当するも、突如現れたガンダムエクシアに成すすべなく撃破されてしまった。

セルゲイ・スミルノフ

人類革新連盟に所属するベテラン兵士で、これまで幾度の戦乱を戦い抜いてきた。その優れた戦術眼とMS操縦技術から「ロシアの荒熊」との異名を持つ。特務部隊「頂武」のリーダーとして、ソーマと共にガンダムの捕獲を狙う。

ソーマ・ピーリス

超人機関で育成された「超兵1号」で、セルゲイをリーダーとする対ソレスタルビーイング部隊に配属された。当初は無表情で淡々と任務をこなしていたが、セルゲイと交流を図る中で、徐々に人間らしさを身に付けていく。

沙慈・クロスロード

経済特区・日本で暮らす学生で、宇宙工学を専攻している。ガールフレンドのルイスと共に穏やかな学生生活を送っていたが、ソレスタルビーイングの登場をきっかけにして、大きな戦乱の渦に巻き込まれていく。

ルイス・ハレヴィ

沙慈と同じスクールに通っている少女で、スペインからの留学生。親元を離れている寂しさからか、沙慈にわがままを言うことが多い。当初は戦乱をTVの中の出来事と思っていたが、徐々にその恐怖を実感していく。

マリナ・イスマイール

貧窮に苦しむ中東の新興国アザディスタンの指導者で、王国の第一皇女。国民的な人気を誇っている。国民を救うため、積極的に国家の改革を推し進めようとするも、保守派の反発を受けている。

アリー・アル・サーシェス

AEUに関連の深い民間軍事会社(PMC)トラストに所属する傭兵。MSパイロットとしての腕前は超一流である。かつて中東のテロ組織KPSAに参加しており、幼少時代の刹那に戦闘の基礎を教えた人物でもある。

アレハンドロ・コーナー

ソレスタルビーイングの行動を影で見守る監視者の一人で、表の顔はユニオンの国連大使。従者として引き連れている謎の人物、リボンズ・アルマークと共に、ガンダムによる全戦争行為への武力介入を見つめているが……。

 

メカニック

GN-001 ガンダムエクシア

GNドライヴを搭載したガンダムの1機で、近接戦闘を重視したMS。「セブンソード」という開発コードからも分かるように、GNソード、GNロングブレイドといった7本の格闘兵器を装備している。

GN-002 ガンダムデュナメス

遠距離からの射撃支援を得意とする射撃特化型のガンダム。頭部に高性能のカメラアイを装備するほか、コクピットにも専用スコープを搭載している。また、機体制御の補助用として小型独立AIのハロをコックピットに固定する。

GN-003 ガンダムキュリオス

飛行形態を持つ可変型のガンダム。戦闘機のような流線型のフォルムとなる飛行形態では、MS形態では不可能な高機動性を発揮する。主武装はGNビームサブマシンガンで、MS形態、飛行形態双方で使用できる。

GN-005 ガンダムヴァーチェ

GN-004 ガンダムナドレ

ヴァーチェは、GNキャノンやGNバズーカを装備した重武装のガンダムで、GN粒子をバリア状に散布するGNフィールドを発生させることが可能。ナドレは、ヴァーチェの装甲をパージすることで出現する機体である。

プトレマイオス

ソレスタルビーイングの実働部隊が運用した輸送艦。ガンダムに搭載されたGNドライヴを動力源としているため、単独での長時間航行は不可能である。艦内には格納庫のほか、医務室などを完備している。

SVMS-01 ユニオンフラッグ

ユニオンが次期主力機として開発した可変MS。動力源にプラズマジェットエンジンを採用したことにより、大気圏内でも優れた機動性を実現した。主武装はリニアライフルとソニックブレイド(プラズマソード)で、カスタム機も開発されている。

AEU-09 イナクト

AEUが開発した次世代主力機。ユニオンフラッグの基本設計を参考としているため、機体各所のフォルムや構造には共通点も多い。動力源には、軌道エレベーターから太陽エネルギーを得る外部電源方式を採用している。

MSJ-06II ティエレン

人類革新連盟が主力機としている重装甲タイプのMS。防御力に優れているほか、様々なオプションパーツが用意されており、高い汎用性を持つ。超兵用のティエレンタオツーや、高機動型、宇宙型などバリエーションも豊富。

GNW-001 ガンダムスローネアイン

ソレスタルビーイングのセカンドチーム、チームトリニティが運用したガンダムタイプで、擬似GNドライヴを搭載する。ガンダムスローネアインは砲撃戦型の機体で、マイスターはチームトリニティの長兄ヨハン。

GNW-002 ガンダムスローネツヴァイ

チームトリニティが運用したガンダムスローネシリーズは共通のボディ形状を持つ。ツヴァイは格闘戦型の機体で、主な武装はGNバスターソード、GNファング。マイスターはチームトリニティの次男ミハエル。

GNW-003 ガンダムスローネドライ

ガンダムスローネシリーズの3号機で、ステルス性能を持つ。他の2機の防御とサポートに特化した機体で、ガンダムスローネは各機が連携した作戦行動が想定されている。マイスターはネーナ・トリニティ。

GNX-603Τ ジンクス

擬似GNドライヴを搭載するMSで、アレハンドロが秘密裏に開発していた。オリジナルのGNドライヴを搭載したガンダム4機や、ガンダムスローネ3機と同等の戦闘力を誇る。他のMSとは機体形状が大きく異なっている。

GN-000 0ガンダム

刹那が少年兵時代に遭遇したガンダム。初めてGNドライヴの搭載に成功した第一世代のガンダムと言われている。シールドやビームライフルを備えているが、その構造や性能についての詳細は不明である。

 

作品解説

『ガンダム』シリーズでは初めて西暦を採用し、現実世界から300年後の世界を想定して作られた最新作。監督に水島精二、脚本に黒田洋介を迎えたほか、キャラクターデザインを人気漫画家・高河ゆんとアニメーター・千葉道徳がタッグで手掛けるなど、豪華なスタッフ陣が話題となった。ガンダムエクシアをはじめ、これまでにない斬新なフォルムを持つ「ガンダム」や、細いボディラインが特徴的なフラッグやイナクト、戦車の重厚感に溢れたティエレンなど、大胆なメカニックデザインが人気となった。西暦を採用したストーリーも、現実の世界を踏まえ各勢力を決定しており、視聴者が身近に感じられる世界観を生み出している。その中でガンダムマイスターの4人や各勢力に属するキャラクターの動向や考えが丹念に描き込まれたことにより、スケール感の大きな作品となった。

 

 

世界観

24世紀に入った世界は、ユニオン、人類革新連盟、AEUの3大勢力がその主導権を狙って対立していた。中でも最も力が強大であったのはユニオンで、その政策が世界に与える影響は極めて大きかった。ユニオンに次ぐ勢力を持つ人類革新連盟は、打倒ユニオンを目指して軍備強化を進めており、超兵機関を極秘裏に設立、運用するなどして、勢力を徐々に拡大していた。残るAEUは、ユニオン、人類革新連盟に様々な面で遅れを取っており、その打開策として新型MS、イナクトの開発や、民間軍事会社PMCトラストとの連携を強めている。ソレスタルビーイングに対しては当初静観していた3大勢力だが、徐々にガンダムの性能を危険視し、本格的な対応に乗り出していく。

 

 

ソレスタルビーイング

イオリア・シュヘンベルグが中心となって設立した私設武装組織。組織の理念は、「武力による戦争の根絶」であり、その手段としてモビルスーツ「ガンダム」と、組織の方針を決定する量子演算処理システム「ヴェーダ」を保有する。

ユニオン

超大国アメリカを中心に結成された経済連合国家。南北アメリカ大陸からオーストラリア大陸、そして日本も経済特区という形で参加している。各勢力に先駆けて軌道エレベーターの稼動に成功したほか、強大な軍事力を保有する。

人類革新連盟

ロシア、インド、中国といった超大国を中心に、ユーラシア大陸の国家群によって設立された連合国家。当初は軌道エレベーターの建設を目的としていたが、エレベーター稼動後も体制を維持し、世界の覇権を狙っている。

AEU

欧州連合を母体とし、モスクワやアフリカ大陸を勢力下に置く連合組織。イギリスなど主要5カ国の合議制を用いているが、それにより意志決定に遅れが生じ、軌道エレベーターは2307年時点で本格稼動に至っていなかった。

あなたへのオススメ

国勢調査

PREMIUM BANDAI

プレミアムバンダイ

アクセスランキング

おすすめ動画(無料)

There is a site suitable for your area of residence. Would you like to open the suitable site?